華のロブション♪ パリ・ブレスト

0

Le Deli Robuchon  ル・デリ・ロブション

その昔、コヴェント・ガーデンの裏通りにある老舗、ラトリエ・ドゥ・ロブションに一度だけ行ったことがあり、その繊細さに心打たれたためかロブションに対しては一種の憧れありました。

日本ではデパ地下などでおなじみなのでロブション・ブランドの希少感はないと思うのですが、ここロンドンではこの1店舗のみ。それが昨年4月に惜しまれつつ閉店したと思ったら、同秋にはメイフェアにビストロ・スタイルのLe Comptoir Robuchon、今回ご紹介するカフェ仕様のLe Deli Robuchonの2店舗が颯爽と登場し、ロブション不足が一気に解消。ロンドンの飲食シーンに花を添えています^^  ラトリエ・ドゥ・ロブションのクローズは、時代に合わせたトランスフォーメーションの一環だったのですね。

さて、デリ・カフェであるル・デリ・ロブションはグリーン・パーク駅至近のピカデリー沿い。「世界一星を持つ男」の異名をとる故ジョエル・ロブション氏の理念を体現するスマートなお店です。完全にロックダウンが解除されていない現在も、入り口付近でコーヒーやケーキの販売をしているので、そのままグリーン・パークに直行してピクニックに興じるのもいい季節です^^

この写真はロックダウン緩和後のもの。店内で座ることはできないので、入り口でデリ商品やグッズを販売しています。

パリのカフェそのもの♪

惣菜類とサンドイッチ

グルメ商品も満載なので、自分へのご褒美や手みやげには最高^^

試してみたいロブションのブレッドたち♡

私はロックダウン前に2度ほど訪れてみたのですが、オープンから数ヶ月でまだ初々しさが残る雰囲気も好ましく、ギャルソンの皆さんも慣れない所作はあったのですが、プロフェッショナルな愛嬌でカバーされ^^ なかなか楽しい訪問でした。

フランス顔した麗しいスイーツたち

定番品が並びます♡

自社ブレンドのミント・ティー

スモーク・チキンとアボカド・サラダのサンドイッチ♪ パンが柔らかいのでハーモニーも抜群。味に間違いはないですね^^

憧れのパリ・ブレスト。フランス菓子ではトップ・クラスで好き。

パリ・ブレストは外せないと思って食べてみたのですが、大変リッチなクリームで中にはキャラメライズされたヘーゼルナッツが♡  小ぶりだと思ったけど濃厚でしっかりとした甘さがあるので、誰かと半分こできるとベスト♪    美しくデコレーションされた数あるケーキ類をよそにw  シンプルなマーブル・ケーキもいただいてみたのですがこれが流石に風味豊かな奥深い味わいで幸せ度がアップ↑  お酒が強いのでアルコールがNGな方はお気をつけを^^

しっとりフレンチな顔をした激ウマなマーブル・ケーキ。

こういったゴージャスな空間はそこに身を置くだけで気分が高揚し、幸せ度がアップしますよね。上質のパンやケーキ、自宅での食卓やティータイムを豊かにするグルメな食材たちもいっぱい。プチ・バカンス気分を味わえるパリ仕様の本格カフェは日本大使館も近いので、何かの用事で出かけられたらぜひ立ち寄ってみてください ^^

82 Piccadilly, London W1J 8JA

店名Le Deli Robuchon
最寄り駅Green Park
住所82 Piccadilly, London W1J 8JA
電話番号020 8076 0564
営業時間月〜金 7:00 – 20:00 土 8:00 – 20:00 日 9:00 – 18:00
URLhttps://www.robuchonlondon.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply