カフェが継続する理由を考察する

0

Beam Crouch End  ビーム・クラウチ・エンド

北ロンドンの人気住宅地、クラウチ・エンドに2013年に登場して以来、あれよあれよという間にロンドンのオシャレ地区に3店舗を展開する快進撃を続けている独立系カフェ(2店舗目はハイバリー、3店舗目のノッティング・ヒル店はロックダウンの影響でオープン直前状態)。

フリーランスや自営業の人々が多く住むクラウチ・エンドでは、カフェをオフィス代わりに使う人も多く、さらに小さな子どもを連れた親御さんがバギーで出入りすることも多いファミリー・エリアでもあります。昼間もなんらかの活動が活発に行われていて、独自のカフェ文化が大きく花開いているんですね。

オーナーさんによってそれぞれ特徴があり、お客さんもそれぞれお気に入りもあると思うのですが、このBeamがオープンすると「どうしてここまで人気が出るのか?」とびっくりするほどクラウチ・エンダーたちがこぞって行きたがった店であり、7年経った現在もその人気は衰えていません。

このBeam Crouch End店に関して、ロックダウン緩和後にびっくりしたのは、なんと左隣にあったHoneycombという名前のカフェを呑み込んで拡張していたことです。全くオーナーさんも違うカフェなのに、すごい荒技で合体w  中に入ると壁を打ち抜いてすっかり繋がっていました。大家さんが同じであることが条件だし、本当に勢いのあるカフェしかできない技。おそらくロックダウン中に隣のカフェが廃業し、大家に交渉し、プラニング・パーミッションを取り、工事を進めたんだと思います。飲食店が苦戦を強いられている中で、すごくないですか? 尤も以前から目をつけていたのでしょうけど・・・。今ではすっかり馴染んで、うんと昔から横長のカフェだったみたいに堂々としています^^

3つのパートに分かれていますが、一番左側の空間は、かつてHonneycombと呼ばれたカフェでした。蛇腹式のオープン・ウィンドウに改装し、ますます人気が出そう!

「どうして人気があるのか不明」と思っていた理由は、まずインテリアが今ひとつ洗練度に欠けること。イギリス人はヴィンテージ家具のミスマッチが大好きでうまく仕上げるのですが、この店はただの中古家具を適当に並べただけみたいな印象です(笑)。

それから食事もスイーツも「コレ」という大きな特長はなく、盛り付けもどちらかというと大味なんですよね^^; ただしコーヒーはAllpressの豆を使っていて、なかなか安定して美味しい。もちろん食事も美味しくいただける範疇です。特徴があるとしたら、オシャレ系でありながら食事のボリュームがそこそこあることでしょうか。

このテーブルと椅子の組み合わせがビミョー・・・と思うのは私だけ?^^;  こちらは旧スペースです。

奥に見える新スペースができたことで、旧スペースも明るくなりました。

壁紙はこのキッチュなもので統一。

インテリアに関しては、オーナーさんがクラウチ・エンド在住のトルコ・ルーツの母子であることから、本当に自分たちが好きなテイストでまとめているだけなのかもしれません^^  同様にメニューはロンドナーが好む地中海系。朝食やブランチにトルコっぽいニュアンスが漂っていますし、スタッフの大半がトルコ系の皆さんです。

私自身は一種の野暮ったさや閉塞感が気になっていたのですが、お隣のカフェと合体した途端に光が多く差し込んでブライトになり、ぐっとコンテンポラリーな感じに生まれ変わりました! まるでOliver Bonasのショールームみたいですw

新しくできたスペース! 開放的です。

バーレイっぽいカップ&ソーサーはBeamで好きな要素の一つ♡

さぁ、ここから考察です。なぜクラウチ・エンダーたちがこのカフェにいそいそと通うのか。

あくまで個人的な洞察なのですが、人は「キレキレのポッシュさ=よそよそしさ」を嫌う傾向にあり「どこかパーフェクトではない」部分に親しみを感じること、ヘルシーな地中海料理をリーズナブルなお値段で提供していること、料理にある程度ボリュームがあること、席数が多いので家族やグループで気軽に立ち寄れること、スタッフがフレンドリーであることなどなど・・・でしょうか?

食事はまだ品数を試したわけではないので、もっとブランチ的な人気メニューを試してまたここで追加レポートしておきます!

定番人気メニューの一つ、ブリオッシュのフレンチ・トースト。ソテーしたバナナとヌテラが決め手。

全体的に見た目通りのお味なのですが、ベリー・ソースは美味しいのだけどキャラメル・ソースは冷めるとガチガチにw  なんというか、やはり大雑把な印象^^;  しかしこれも愛嬌なのか。

写真で色々な角度からお見せしましたけれど、やはり大味な感じがしますでしょ? ^^  それでも大勢の人が毎日出入りするヴィレッジでもトップの人気を誇るカフェ。隣のハイゲートほどポッシュではなく、フィンズベリー・パークほど庶民臭さが強くない。気取らないトレンディ加減が人気のクラウチ・エンドらしい、中庸テイストがよろしいようで。

39-41 Topsfirld Parade, London N8 8PT

店名Beam Crouch End
最寄り駅Highgate / Crouch Hill / Hornsey
住所39-41 Topsfirld Parade, London N8 8PT
電話番号020 8348 3748
営業時間毎日 8:00 – 18:00
URLhttps://www.cafebeam.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply