元気なレバノンのパン屋さん、堂々オープン!

0

Tamini  タミニ

南西ロンドンの住宅街を貫く目抜き通り、フルハム・ロード沿いに、ロックダウン中の6月にオープン! 美味しそうなレバノンのパンやお菓子がショーウィンドウにずらりと並び、思わず駆け寄ってしまうモダンな装いのレバニーズ・ベーカリーが、Ta’mini なのです^^

おそらくロックダウン前から開業を計画していたのでしょう。レバノン人の若いご夫婦で経営されている小さなお店からは、愛情たっぷりの元気オーラが出ています。

レバノン風のミニピザ! このショーウィンドウを見て駆け寄りましたw

店内はカジュアルなテイクアウェイ・ショップのような雰囲気です。でもベーカリーとしては本格派。カウンターの奥にオーブンが見えています。

「Ta’mini」とはレバノン語で「ご馳走して」という意味だそう。お店の奥に大きなオーブンが設置されていて、毎日フレッシュな中東のパンが焼きあがっては店頭に並び、道ゆく人の目を引いています。

ここでレバノンの伝統的なベーキング・アイテムについておさらいしてみましょう♪  まずはマナイーシ/ Manakish。シンプルなフラット・ブレッドにザタールやスマックなどの中東のスパイス、チーズなどをトッピングしたピザのような食べ物です。これはコベント・ガーデンのレバニーズ・ベーカリーでもいろんな種類を見ることができますね。イタリアのピザよりも、さらに生地がプレーンな気がします。

それからスフィーハ / Sfeehaと呼ばれるミート・パイ。ちょこっと肉餡が見えているものが多く、軽食にもぴったり。そしてファティール/ Fatayer と呼ばれるスナックは三角形のパイで中には肉やチーズ、ほうれん草などが入ります。どれも本当に美味しそう♡

ミートパイのスフィーハ(右)と三角形のファティール♡

巨大なファティール!?

こちらはお店のSNSから拝借。このザタールとチーズのハーフ&ハーフのマナイーシは大人気だそうです^^

こちらの記事によると、奥さんの方はもともとレバノンでパン屋さんを営んでいたそうです。ロンドンでは全く別の仕事されていたそうですが、おもてなしの喜びを忘れられず、昨年10月にこのお店をオープンすることに決めたそうですよ。ロックダウンになっても決意を曲げることなく、オープンへ向けてひるまず進んでいったそうです。そして結果は上々♪   地元の人たちに大歓迎されたそうです^^

デーツ餡を挟んだパン。とても美味しかったです♡

ロックダウン中も、もちろん持ち帰り、デリバリーに対応しています。パンだけでなく、フムスやタボウルなど中東料理の定番メッゼ類も美味しいと評判! こんなベーカリーがご近所にあるといいな〜。そんな風に思わずにはいられない魅力的なカジュアル店。レバノン料理ファンとしては、もっとたくさんの種類を試してみなくてはと意気込んでしまいます^^

801 Fulham Road, London SW6 5HE

店名Ta'mini
最寄り駅Parsons Green
住所801 Fulham Road, London SW6 5HE
電話番号020 3875 0865
営業時間月〜金 8:00 – 18:30 土 9:30 – 18:30 日 9:30 – 17:00
URLhttps://www.instagram.com/tamini_fulham/?hl=ja
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply