古風なティールームでトーステッド・スコーンはいかが?

0

The Muffin Man  マフィン・マン

「イギリスの伝統的なティールーム」と聞いて、あなたはどんなお店を想像しますか?

私なら、何はさておき「ちょっぴり垢抜けない雰囲気」が漂っていることが第一条件でしょうか^^  それから紅茶がティーポットとカップ&ソーサーでサーブされていること。スコーンとヴィクトリア・サンドイッチを扱っていること。あとはハムサンドやクランペット、ベイクド・ポテトなどの基本アイテムがあり、フレンドリーなウェイトレスさんが常連さんを適当にさばきながらテキパキと仕事をしていることなど。いやいや、条件を挙げればキリがありませんね。

High Street Kensington駅近くにあるThe Muffin Manは、上記で挙げた条件をほぼクリアしている「本物の」伝統ティールーム。1963年の創業当時の面影を、今も残している味のある空間なのです。こういったティールームは現在のロンドンでは本当に貴重な存在となってしまいましたし、じっさい、ケンジントンでは一番古いティールームだそうですよ。

この看板もきっと、ずっと変わらない。でもロンドンのエリア・コードに「020」が採用されたのは1999年だから、看板自体はレトロ仕様だけど比較的新しめなのかも。

ザ・ティールームって感じでしょ?

カウンター周りもめちゃレトロでした^^

ライトグリーンの清潔なテーブルクロスできっちりと覆われた丸テーブルに着いたら、さぁメニュー選び。たくさんの定番アイテムが並ぶ中で、真っ先に目に飛び込んできたのが「The Original Muffin Man」というサンドイッチでした(離れた席に座られたご婦人方が選んでいたのを、実は耳ざとくキャッチしたのですが^^; )。これはチキンやベーコン、トマトなどをサンドした一種のクラブ・サンドイッチです。

それから、評判の「デヴォン・クリーム・ティー」を。こちらはスコーンを「トースト」してサーブしてくれるという当店自慢のスコーンなのです。

2段重ねのトレイで持ってきてと頼んだら、こんなに可愛らしいのがやってきました♪

サンドイッチは「トーストしますか?」と聞かれてイエスと答えたのですが、これが大正解。こんな美味しいサンドイッチを食べたのは久しぶりというくらい、パシッと決まった味のコンビネーションでした。シンプルだけど全てがフレッシュで調和していて・・・サンドイッチの完成品と呼びたい ^^

正直「伝統のイングリッシュ・ティールーム」で何を “期待していないか” というと、味なんです(笑)。この期待を裏切る美味しさがとてもよかった。その期待は、スコーンでも心地よく裏切られました。厚みのないプレーンなスコーンは半分にカットされ、トーストされて出てくるのですが・・・カリッとした食感がクセになる美味しさ!  皆さんもオーブンで温めるのではなく、一度グリルやトースターでトーストしてみてください。きっときっと、違う境地へと連れていかれます・・・♪

こぶりのスコーンをトースト。カリッとした食感が新境地。

実はスコーン自体はスーパーで売られている六角形スコーンにクリソツなのがとても気になったのですが(笑)看板商品みたいなので、おそらく自家製と思われます。

帰りがけに、3名の常連さんらしきとても上品な身なりのグループが、でっかいボウルに入ったホット・フードをそれぞれ注文していました。興味津々で何か聞いてみたら、シーザー・サラダだったのです!  「ここのは最高よ!」そんな風に教えてくれました。ホッカホカでとっても美味しそうだったので、次回はぜひシーザーサラダも頼んでみたい♪

シンプルな料理をこれだけ上手に調理できるってすごいなぁ。職人さんの領域です。もっと試してみたい正統派イングリッシュ・メニューがいっぱい。ティア4の現在は持ち帰りのみに対応しているようなので、お近くの方はお試しあれ〜。

ロックダウン2とティア4の間のある日。

店名のMuffin Man。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、イギリスの古い童謡(ナーサリーライム)「The Muffin Man」から来ていると思われます。

Do you know the muffin man,
the muffin man, the muffin man?
Do you know the muffin man,
who lives on Drury Lane?

でもフランク・ザッパの方だったりしてw

ちなみに童謡に歌われているマフィンはイングリッシュ・マフィンのことで、甘いマフィンではありません。

12 Wrights Lane, London W8 6TA

店名The Muffin Man
最寄り駅High Street Kensington
住所12 Wrights Lane, London W8 6TA
電話番号020 7937 6652
営業時間月〜金 10:00 – 15:00 土・日 10:00 – 16:00
URLhttps://www.themuffinmanteashop.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply