セルフリッジも注目するフレンチ・パティスリー 20年の軌跡

0


Belle Epoque Newington Green  ベル・エポック  ニューイントン・グリーン

どこからどう見ても完璧なローカル・カフェ「ベル・エポック」♪  もう20年も、キャノンベリー駅から歩いて10分程度の緑のスクエア、ニューイントン・グリーンで昔ながらのフレンチ・ペイストリーを作り続けています。

オーナーさんはパリのダロワイヨで修業を積んだマスター・パティシエのフランス人、エリック・ルソーさん、そして奥様で食品衛生の専門家でもありジャーナリストとしても活動していたトルコ人のフルヤさん。クラシック・フレンチの技術を駆使して作る味よく見目麗しいケーキたちが2009年にセルフリッジのバイヤーの目にとまり、以来10年に渡ってかのフード・ホールにケーキ類を卸し続けていることからも、そのクオリティをお分かりいただけると思います。

昔ながらの装いがとても好ましい店内なのです

ミックス・ベリー・タルト! おすすめです♪

常時7、8種類はタルトを用意してます

クランブル・タルトは今ひとつでした^^;

四角いキッシュを見るとローズ・ベーカリーさんを思い出す^^ このタイプは大好き。

このニューイントン・グリーンのオリジナル店は、19世紀半ばに建てられたビルにぴったりとフィットしたレトロな造りがとても魅惑的。週末にここでキッシュを食べたりケーキを頬張ったりすることが、きっと人生の幸せを噛み締めていることと同義なんだと心底思える場所です。

フランスらしさを感じる名物の四角いキッシュはサーモン味がおすすめ。タルト類ならミックス・ベリー! アーモンド・クロワッサンも定番人気の品のようですね。ベル・エポックの真髄は “フレンチ・クラシック” にあり、クラスト生地が焼き締められていない場合もあって現代的な技術を取り入れた商品に比べると「あれ?」と思うこともあるのですが、これは好みの問題なのかもしれません。事実、常連さんたちはここのタルト類が大好きですから^^

ここは奥にあるレトロなティールームなんですけど、その奥に小さなパティオがありまして、これから争奪戦となるはずです^^

2014年にイズリントンの一等地に出した旗艦店では、どちらかというとクリームたっぷりの繊細なケーキ類を主に扱っています(もちろんオリジナル店でも扱っていますが、こちらの方が圧倒的に品数が多いようです)。こういうケーキ類からはパティシエたちの素晴らしいクリエイティビティを感じることができ、心から楽しんで作っている様子が目に浮かぶようですね^^

本当はこういうケーキの方が得意なのかも。勢いを感じますでしょ?(お店のFBから拝借)

ハロウィーン仕様のケーキがいい! 昨年もいろんなアイデアを形にされていました(お店のFBから拝借)

こちらの2013年時点でのインタビューを読むと、ご夫婦で切り盛りすることの難しさや、乗り越えてきた様々な困難についても触れられています。ロンドンという大きな街で一つのパティスリー・ブランドを20年に渡って継続し、ファンを獲得し、拡大し続けていく難しさ、その大きな意義。どれほどの思いがそこに込められているか、考えるだけで胸がぎゅっとなりますが、彼らのケーキを見ていると創造の愉しさも伝わってきて羨望と敬意を感じます^^ やはり好きなことを続けていくことに意味があるのですね!

来年2022年で20周年を迎えるベル・エポック。これからの20年もそこにあり続けて欲しいと思えるロンドンの宝物です。

37 Newington Green, London N16 9PR

店名Belle Epoque Newington Green
最寄り駅 Canonbury
住所37 Newington Green, London N16 9PR
電話番号020 7249 2222
営業時間月〜土 8:00 – 18:00
URLhttp://belleepoque.co.uk
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply