肩の力を抜いて通いたい町のパン屋さん♪

0


Nikkis Bakery   ニキーズ・ベーカリー

バースデーやウェディングをはじめ、イベントのセレブレーション・ケーキは英国ではとても大切なアイテムの一つ。南西部の閑静な住宅街、Chiswickの大通りに構えるNikki’s Bakeryは、アイシングを使ったクリエイティブなケーキが大得意!  もちろんヨーロッパの生活に欠かせない毎日のパンも勢ぞろい。チズウィック・エリアの家庭に今ではなくてはならない存在として重宝されています。

今日から外にもテーブル席が出ているかな^^

創業は2014年。長らく外食産業で働いてきたベルギー人のオーナーさんが娘さんの名前を店名にし、華々しいオープンを飾りました。広い店内は手前に惣菜パンから甘いペイストリー類までものすごい数の商品が並び、奥にあるカフェ・スペースでいただけるようになっています。天気がよければフロントに出るテーブル席は最高。活気あるハイ・ストリートの様子を眺めながらおしゃべりするのにぴったりです^^

手前に惣菜パンとクロワッサンなどのクラシックなペイストリーが並びます

奥のカウンター内にはビスケットやチョコレート・ケーキが並びます

このキッシュやピザパンはおすすめ!

最近のポッシュなアルチザン系パン屋さんに比べると全てにおいて「洗練度」には少し欠けるのですけれど、この “昔ながら” 感が今の時代、だんだん貴重になってきている気がします。アルチザン系のとんがったパン屋さんが商品数を絞って細やかな気配りで現代的な職人技を表現するのに比べて、こういった庶民にも開かれた独立系のパン屋さんには、気軽さや親しみやすさがあります。でも、もちろん味にも妥協はできません!

ビスケット系の商品もたくさん。英国というよりヨーロッパ系の商品が並びます

微笑むというか、苦笑しちゃうジンジャーブレッドマンw  子どもたちが目を輝かせそう

持ち帰りした惣菜パン2種と、友人に少しだけ味見させてもらったアーモンド・クロワッサンはいずれも口に入れて「美味しい!」とすぐに声が出る仕上がりで、人気の理由も納得です。材料もできるだけ自家製の上質のものを使っているという印象を受けました。リピートしたいか? もちろん! あれだけの数の商品、どのくらい通えば全て試すことができるのでしょうか^^

最近は食のクラフト化が進み、妥協なき食材を使った素晴らしいグルメ食品が続々と生まれています。ともすれば日常の食品が「ご馳走」になってしまい、少し高めのお値段をつけざるを得ないところがほとんどです。そんななか Nikki’sはアルチザン精神を忘れず、なおかつ全てのお客さんのために商品を用意しようという意気込みが、商品レンジから見えてくるのですよね。オーナーさんの個性がこういった商品を生み出しているのかもしれません。

ハイ・ストリート沿いにあったベンチでいただいた惣菜パン。上はほうれん草のペストと山羊チーズ、下はいわゆるチーズたっぷりのピザ・トースト。いずれも繊細な味で文句なく美味しい!

きっとチズウィックにお住いの皆さんは、このパン屋さんの前を通るたびに気を引かれ、3度に1度くらいは足を運んでいるのかな? そんな印象を受けました^^  最後に彼らのSNSに載っていたバースデー・ケーキを少し披露しますね。どうです、クリエイティブでしょう? 注文次第でいろいろ作ってくれるみたいです。ご興味あればぜひ!

184 Chiswick High Road, London W4 1PP

店名Nikki’s Bakery
最寄り駅Turnham Green
住所184 Chiswick High Road, London W4 1PP
電話番号020 3302 8230
営業時間月〜金 7:00 – 18:30 土 8:00 – 18:30 日 8:00 – 18:00
URLhttps://www.fortitudebakehouse.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply