おしゃれなバクラヴァを携えてヒースのお散歩に

0


Peony   ペオニー

ペオニー(シャクヤク)の季節ですね〜。シャクヤクはイギリスでは近年、大変人気が高まっている花で、昔は花屋さんでしか入手できなかったのですが、最近はチェーンスーパーの花売り場でも売られています。誇らしく大ぶりに咲き乱れるものもいいですし、たおやかにまあるく花ひらくタイプも素敵です^^

昨年のロックダウン明けに、ハムステッドにオープンした独立系カフェがありまして、そのカフェがPeonyという名前です。店内には華やかな女性とシャクヤクの壁絵が描かれていて、オーナーさんがきっとシャクヤクがお好きなんだなと直感しました。壁絵はお店のインスタグラムでご覧いただけます^^

四つ足のお友達と目が合う。

ガーリーなデコレーションなんですけど、いつも男性の方がいらっしゃいます^^

薄いグリーンとピンクを基調としたインテリアに惹かれて中に入ると、まず目に入ってくるのがたっくさんのパンやケーキたち♡  どれも素朴なタイプで、ロンドナー好みのトレンドを押さえた品々が並びます。そしてよく目を凝らしてみると・・・シュミットやバクラヴァなど、トルコ系のパンやお菓子が混ざっているので、ここが中東系オーナーさんだということがわかります。

おかず系からスイーツまで、まんべんなく多種類のベーキング・グッズたち。右がトルコ系のパン。私も大好物です♡

ヴィーガン商品もいくつかありました。左が乳製品やバター不使用のシナモン・バン!

そして当店の名物の一つに、バブルラップがあります! パンケーキ生地をポコポコのバブル型に流し込んで焼いたものに、クリームをはじめ好きなものを挟んでいただくインスタ時代のスイーツですね。私はとくに興味を引かれないのですが^^;  体験のために一度はいただいてみたいなと思っております。

さて、乳製品にアレルギーのある友人はヴィーガン・シナモン・バンを片手に、私は以前から気になっていたバクラヴァを買ってハムステッド・ヒースへ。

ご覧ください、この芸術品のようなバクラヴァ!

ピスタチオがアクセントになり、とても美味しかった。おすすめ。

このバクラヴァ、伝統的なものとは一線を画し、中に柔らかいペースト状のクリームが詰まった逸品でした。そしてコーヒーがとても好みの味で、気に入りました。酸味がないマットな味わいで、油分が少ない感じ。いわゆるトルコ・コーヒーの西洋版みたいな感じといえばいいでしょうか^^

このPeonyがあるFlask Walkはヒースへと続く情緒ある小道です。短い通りなのですが、両脇には目移りしてしまう独立系のカフェやブティックが並び、私は必ずヴィンテージ・ショップでの掘り出し物探しでしばらく時間を使ってしまいます。19世紀頃はストリート・フェスティバルなどが催される賑やかな通りだったようですよ。

気持ちの良いお天気を満喫できたヒース散歩では、ドワーフの寝床のような大きな空洞のある 木のそばで、ひと休みしました。空では鳥と雲が、地上では木々が私たちの気持ちを癒してくれました。自然豊かなロンドンに乾杯♡

6 Flask Walk, London NW3 1HE

店名Peony
最寄り駅Hampstead
住所6 Flask Walk, London NW3 1HE
電話番号020 3904 1987
営業時間毎日 9:00 – 18:00
URLhttps://www.instagram.com/peony_hampstead/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply