ファンキーな多目的コワーカー・スペース

0

th_Hatch_banner

Hatch  ハッチ

イーストらしい倉庫を改装したマルチ・スペースは2014年春頃のオープン。ハックニー・エリアと隣り合わせのホマートン駅の裏手のひっそりとした通り沿いに佇み、レイアウトから雰囲気、お客の放置加減まで、ノマド・ワーカーたちの理想郷と言っていいカフェ・バーです ^^

「Hatch」(小さな出入り口)がたくさん!!!! きっとここから「飛び立つ」っていう意味もひっかけてるんでしょう

「Hatch」(小さな出入り口)がたくさん!!!! きっとここから「飛び立つ」っていう意味もひっかけてるんでしょう

スペースのいちばん奥にもロフトあり。ここはお客さんが少ないときは閉めているらしい

スペースのいちばん奥にもロフトあり。ここはお客さんが少ないときは閉めているらしい

オープン当初に来たときは床屋さんが隅っこに入っていたのですが・・・さすがにカフェとの共存は難しかったようで、今はアルコール・ライセンスも取得して夜10時頃まで毎日営業するバーとしても活躍。イベント会場としての引きも強いらしく、最近は若手のライター・グループのイベントなども開催されているようです。音楽ライブもできるみたいなので、興味ある方はスタッフに聞いてみてはいかがでしょう?

入り口の上にもロフト・スペースがあります

入り口の上にもロフト・スペースがあります

といっても、ふだんはやはりフリーランスたちがオフィス代わりにたむろするコワーカー・スペースとしての働きが強いと思います。ここは入り口上と、いちばん奥の上にロフトが作られていて、本格的な小さなオフィスのようにも使えるのが魅力。ロフト・スペースの利用は月極の契約なのか、ドリンクのお客さんでも使えるのかはよく分からなかったのですが、今度行ったら聞いてみますね。

コンフィなソファもあるよ

コンフィなソファ席もあるよ

th_Hatch_5

忘れてならないのが、ここの軽食。他のレビューを読んでみても食事には力を入れているみたいです(ずっと前に来たときに食べたオープン・サンドイッチも美味しかったですよ)。そして頭脳労働に甘いものは付きもの(笑)。大きなスクエア型に切られた焼き菓子は見た目にもそそられる定番たち。コーヒー、紅茶のお供にぜひご賞味あれ♪

食わずにおれるかキャロット・ケーキ

食わずにおれるかキャロット・ケーキ

昼12時からアルコールをサーブ!!

昼12時からアルコールをサーブ!!

Homertonを北上すると、ショップやレストランの世代交代が激しく進行中のClaptonエリアに入ります。先日ご紹介したJim’s CaféもあるChatsworth Roadまで歩いてすぐなので、ぜひぜひ新しいイーストを散策してみてください。

8 Mackintosh Lane, London E9 6AB

店名Hatch
最寄り駅Homerton
住所8 Mackintosh Lane, London E9 6AB
電話番号020 8533 5007
営業時間月〜木 : 8:00 – 22:30 金・土 8:00 – 23:30 日 10:00 – 22:00
URLhttp://www.hatch-homerton.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す