チェルシーのプライム・ロケーションを謳歌するグランド・カフェ

0

th_Colbert_banner

Colbert   コルベール

セント・ジェームズのThe Wolsley、コベント・ガーデンのThe Delaunay、ピカデリーのBrasserie Zedelなど、大陸風のグランド・カフェ・スタイルでエリアに根ざした人気を確立しているレストラン・グループ「Corbin & King」による鉄板ブラッセリーのチェルシー・バージョン。スローン・スクエア駅ほぼ並びに2012年にオープンして以来、多くのスローンレンジャーたちを惹き付けています。

th_Colbert1

このCorbin & King社がいつもすごいなぁと思うのは、抜け目のない物件リサーチw ロンドン中心部の東西南北ここぞというプライム・ロケーションで、しかも歴史ある美しい建物を見つけてきては、それはそれはゴージャスに改装します。そして今どき珍しく白いテーブル・クロスに布ナプキン、上等のカトラリーというしつらえで、ここを訪れるだけで1920年代パリの小粋なブラッセリーに迷い込んだかのようなグラマラスな気分にさせてくれるのです。

バゲット・カンパーニュのミニ版は美味しかったです☆

バゲット・カンパーニュのミニ版は美味しかったです☆

メニューは古きよきフレンチという趣で丁寧に作ってくれますが、同等の料理なら他店のほうがもしかするとモダンでクオリティも高いのかも・・・と思ってしまったニース風サラダは、これでラージ・サイズ。ツナの量をもっと減らして、野菜やポテトの量を増やすと味のバランスもちょうどいいのになと思いました。上品な盛りつけでタンパク質が多いほうがお値段も高くできるとは思うのですが、優先すべきは味のバランス。「サラダ」と名が付くからには野菜の量をもっと増やしてほしいと思うのですが、これはフランス料理店に行っていつも感じるジレンマのひとつ。ポッシュな素材もいいけれど、もうちょっとグリーンが多いほうが好みです ^^

ツナの量が多すぎ! この量入れるなら生マグロのステーキにしてほしい。もっと野菜が食べたい感が残るニース風サラダ

ツナの量が多すぎ! この量入れるなら生マグロのステーキにしてほしい。もっと野菜が食べたい感が残るサラダ

このニース風サラダをスターターとしてシェアし、それぞれ軽くクロック・ムッシュとクロック・プロヴァンスを注文。これが・・・ベシャメールがパンの上にのせてあるのではなく、はさんであるタイプだったのですが、なんだか上品すぎて肩すかしw やはりクロックはカジュアルな店で食べるほうが満足度が高いのかも ^^;

ゴート・チーズとグリル野菜のクロック・プロヴァンス、リピートはなし。

ゴート・チーズとグリル野菜のクロック・プロヴァンス、リピートはなし。

なんだか批判的なレビューになっておりますが(汗)、こういう店ではやっぱり、ステーキとフレンチ・フライというご飯をいただくほうが満足度が高いんですよね。注文するものを間違えた気がします。このレストラン・グループはペイストリー類の美味しさには定評があるので、お茶とケーキのブレイクで立ち寄ったり、ワインとおつまみで軽く乾杯したいときの利用価値は高いと思います。チェルシー気分に浸りたいときに、ぜひ♪

このレストラン。グループでは、ぜひ自家製のペイストリーやケーキを召し上がれ♪

自家製のペイストリーやケーキ類はおすすめ♪

50-52 Sloane Square, London SW1W 8AX

店名Colbert
最寄り駅Hampstead Heath / Belsize Park
住所50-52 Sloane Square, London SW1W 8AX
電話番号020 7730 2804
営業時間月〜木 12:00 – 15:00 / 18:00 – 23:30 金〜日 12:00 – 15:00 – 18:00 – 00:00
URLhttps://www.colbertchelsea.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す