虹色のシーフード・ラビオリがお引っ越し

0

th_Margot_banner

Margot マーゴット

セレブ御用達、とってもメイフェアな老舗レストラン「Scott’s」で出会い、その後ロンドンに限らずさまざまな高級バーやレストランの運営に携わってきた2人が、満を持して2016年夏にオープンしたイタリアン・レストラン。

オーナーの一人、パウロさんはブラジル生まれのイタリア人で、アメリカで教育を受けた人。WolseleyやScott’s、Bar Bouludなどで頭角を現しました。一方のニコラスさんはフランス人で「Scott’s」だけでなくロンドンの「Balthazar」の立ち上げを手伝った一人であり、アラン・デュカスのレストランのディレクターも務めたと聞くと、このレストランの素性が分かるというものです。

ところでこのロケーション・・・以前、高級インディアンのMoti Mahalがあった場所です。とてもクオリティの高い美味しいインディアンで、私も長年の間に何度か楽しませてもらったのですが、時代は変わる、ロンドンの食シーンは変わり続ける・・・残念ですが、新レストランの誕生を歓びましょう ^^

ロンドンらしい男性的なビルの中にある

ロンドンらしい男性的なビルの1階にある

th_Margot_1

なんとグリッシーニを食べるの忘れてた〜! (;´Д`)ノ

インテリアはモンティ・マハールだった頃の面影は露もなく、クラシックなヨーロピアン調に変わっています。黒を基調にシックな雰囲気でまとめてあって、カジュアルにもセミ・フォーマルにも使えそう。

ダックスフンド君がロゴ・マーク

ダックスフンド君がロゴ・マーク

ロゴとして使われているダックスフンドですが、オーナーの一人のお義母さんの愛犬なんですって。そしてマーゴットというのは、そのお義母さまのお名前とか。

自家製と思われるコンプリメンタリーのパンは美味しいです♪ ハウスワインをグラスで頼むと「当店にはハウスはご用意しておりません。お好みをお聞きし、お選びいたします」とのことで、選んでいただいたこちら、ものすごく好みでした☆ ちなみに赤ワインのグラスは7ポンドから。私がいただいたのはイタリアの「Valpolicella Superiore Ruberpan Vigna Garzon DOC」8ポンド。カラフェで19ポンドなので、クオリティを考慮すると意外とお得なのかもしれません。当店はワインにとても力を入れていて、300種類くらい揃えているそうですよ。

マグロのタルタル。美味しかった〜♡

マグロのタルタル。美味しかった〜♡

さて、お正月明けだったこの日のランチはお客さんもまばらでサービスを一身に受けておりましたが、通常のディナーは予約が難しいほどの人気ぶりです。まずはアラカルト・メニューからマグロのタルタル、うずらの卵添え。このお料理、そんじょそこらのタルタルとはレベルが違う、素晴らしくなめらかでフレッシュな出来映えでした。上に削ってあるのはカラスミだったかと ^^

またぜひ食べたい、インゲン豆とペコリーノのサラダ☆

またぜひ食べたい、インゲン豆とペコリーノのサラダ☆

個人的にものすごく感動したのは、こちらのインゲン豆のサラダ。完璧に茹でたインゲンは縦にさいてあるのでとっても食べやすく、ペコリーノ、オレンジ、ヘーゼルナッツという黄金トリオがお味を整えています。ドレッシングもほどよい風味でまさに完璧な一品。素材はシンプルなので家で作れるかな〜?とは思うのですが、いやはや、プロの味でしたよ。

こってり満足度の高かったホタテのパスタ

こってり満足度の高かったホタテのパスタ

そして「本日のパスタ」だったホタテとブロッコリーのタリアテッレ(だったと思う。でも違うパスタだったらごめんなさい)。おそらく手打ちと思われる麺も茹で加減もリッチなソースも、すべてが美味しくて大満足☆ そしてそして、ラビオリのシーフード・メドレー♪

美しいラビオリのシーフード・メドレー♪ お味もよし

美しいラビオリのシーフード・メドレー♪ お味もよし

こちらはスターター・サイズとメイン・サイズと選べるのですが、メイン・サイズを2人でシェアしました。

この皿を見たとき、すぐにLatiumのラビオリみたい、と思ったのですが・・・この記事を書くためにネットで調べていると・・・なんとヘッドシェフのマウリツィオさんはLatiumにいた方でしたw と、これを書きながらあぶそる〜との過去記事を確認してみると、「シェフのマウリツィオさんが・・・」なんて書いてますねw あのラティウムのシグニチャーのラビオリは、こちらマーゴットに移ってしまったみたいですよ〜。なので、ラビオリ系はぜひ☆ タラ、サーモン、モンクフィッシュなど、さまざまな魚介フレーバーを楽しむことができます。

th_Margot_7

デザートはティラミスをシェア。こちらのティラミスはレイヤーになっているタイプではなく、マスカルポーネのクリームでチョコクリームを包んだ21世紀風ドーム型。ユニークなティラミスはペロリと食べられてしまう軽さでした。

コーヒーを頼むと付いてくるプチフールも美味しいです

コーヒーを頼むと付いてくるプチフールも美味しいです

ちなみにパスタのソースは、たまたまだったのか、両方ともバター多めのこってり系。といっても、しつこいというイメージはなかったのですが、オリーブ・オイルのリッチさとはまた違うソースと思っていただければ。

2人でこれだけをシェアして、一人サービス込み45ポンド弱くらい。決して安いレストランではないですが、全体を通してとても満足度が高かったので、またぜひ戻ってきたいと思わせる素敵なマーゴットでした ^^

45 Great Queen Street, London WC2B 5AA

店名Margot
最寄り駅Covent Garden / Holborn
住所45 Great Queen Street, London WC2B 5AA
電話番号020 3409 4777
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:30 土 12:00 – 15:30 / 17:30 – 22:30 日 12:00 – 15:30 / 17:30 – 21:30
URLhttp://www.margotrestaurant.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す