嫌なことを楽しみに変える魔法

0

cafevisit


嫌なことや、面倒なことをしなければいけない時
嫌がる子供を説得する時のように
それを楽しみイベントに変える方法を持っているとちょっと助かる

ま、ちょっとしたご褒美を用意しておく、ということです

たとえば、病院での検査の日

先日も、その嫌な検査の日だった
行くのは気が進まない……

だから、それが終わった後にお楽しみを付けて
「えいッ!」と、行くのだ

検査が無事に終わって結果も良かったので
ホッとした私は、いよいよお楽しみタイム!へ向かうため
病院の前からバスに飛び乗って
久しぶりにフルハムロード方面へ向かった。

バスから下りると
家具屋さんやインテリアショップを覗く
私は、今の部屋は仮住まいなので、今度引っ越したら
家具も色々買おうと思っているから、そういうものを
見て歩くのにあの界隈はいいのだ!

それと夏になるし、お洒落な靴屋さんでサンダルチェック
そして、探しているやっぱり夏用の服があるのでブティックへ

それから掘り出し物を探すために
チャリティーショップも覗く

そして、歩き疲れたら
お気に入りのカフェに行く

これが、その日のお楽しみコース

別に大した事は,しないのだけれど
天気も良ければ,それだけでも心ウキウキして
充分なご褒美になる

私はほとんど毎日自分の部屋に籠って仕事をしているから
街をぶらぶらと歩いて、カフェでのんびりするなんていうのは
凄い気分転換になる

大嫌いな歯医者さんのアポイントメントも
先日のような病院の検査も
手続きのためのお役所系も

こんな風に、気が進まないことや面倒なことに
おまけのご褒美をちょっと付けてしまえば
それは、楽しみに変えられる

そうそう、面倒な雑務を片付けなければならない時なんかも
私は家でしようと思うと後回しにしてしまうので

エイッ!と決心して

書類を抱えて、カフェに行く

そしてお茶一杯と
時にはもっとおまけを付けて
ケーキ付きティータイムにして
嫌な雑務は

「なんだ、意外と簡単だったじゃない」

なんていう感じで終わらせてしまう。

嫌な事や面倒なことをカフェやケーキで自分をごまかす!

凄く簡単なことなんだけれど、これ、
私にとっては、凄い威力なのでございます

さて、この界隈には良いカフェが色々あるけれど
お楽しみに入った今回のカフェは、ここ

th_FULHAMroad入り口にはパンやケーキが並んでいて、注文を取るカウンターがあって
その奥には、天窓でとても明るくて気持がいいカフェコーナーがある

私は、ここに座って、時々空を見上げたり、周りの建物の煙突を数えたり
アイディアを考えたり、スケッチするのがとても好き
なんだろう?この狭さもあってかな、椅子にお尻がすっぽりと
はまり込んだ様に、落ち着いてしまうのだ

あぁ幸せ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【きょうのヒント】
ヒントは、フルハムロードの西側
ピザエクスプレスの手前
ここも、大通りだし探すのは簡単
軽いランチにも良いカフェです

【前回のこたえ】
Del’Aziz, Clapham
55-57 The Pavement, Clapham Old Town, SW4 0JQ
opening hours: 8:00 – 00:00 Sun-Thurs, 8:00 – 01:00 Fri/Sat

 

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す