ショーディッチらしさを満喫

0

hotel


THE HOXTON SHOREDITCH

トレンディーな店、レストラン、カフェ、バー、クラブが集まるイーストロンドンのショーディッチにあるこのホテルは2006年9月にオープンして以来、常に高い人気を誇っている。

外観

なかなかホテルとは気づかないほどシンプルな外観と入り口

ホテル入り口を一歩入ると、目の前に広がるのは広々としたラウンジとスタイリッシュなインダストリアルスタイルのデザイン。レンガやむき出しのパイプ、コンクリートやスチール、アルミニウムなどの素材を取り入れた デザインがショーディッチらしくとても印象的。

ロビー333

ラウンジエリア。ニューヨークMeatpacking Districtで80年代から流行したインダストリアルスタイルがショーディッチで取り入れられたのが90年代以降。現在に至るまでこのエリアで人気のスタイル

【おすすめポイント-その1  スタッフのホスピタリティーとショーディッチらしいデザイン】

フレンドリーなスタッフと、居心地が良く、モダンで個性的なインテリア。アットホームな雰囲気が気に入ってリピーターになる宿泊者が多いとのこと。レセプションスタッフはスーツでなく、一人ずつ異なったチェック柄のシャツ、ジーンズを着用。カジュアルだが、センスの良い着こなしがThe Hoxtonのスタイルとマッチしている。他のホテルと比べ、良い意味で肩の力が抜けてリラックスしたおもてなしを感じた。

レセプション11

レンガの壁が印象的なレセプション

チェックの制服

ホスピタリティーには定評がある。一人ずつ異なるチェック柄のシャツ着用で、カジュアルな雰囲気を演出

エレベーター

エレベーターもインダストリアルの特徴を生かしたユニークなデザイン。スクリーンでホテル内外の各種イベントを告知

全210室の客室はどの部屋もほぼ同サイズで約21m2とロンドン市内(でこのホテル料金)にしては決して狭くはない。ゆったりとしたベッド、肌触りの良いリネンに個性的なインテリア。機能的なデスクにビンテージ風の椅子やラジオなど、イーストロンドンらしくとても素敵!

ダブルベッド

ダブルベッドルーム

ベッドルーム222jpg

スタイリッシュなデザインの数々

ツインベッド

全210室のうち12部屋がツインベッドルーム

床と鏡

印象に残る大きな鏡とビンテージ風の椅子。木の床なのもポイントが高い

デスク2

コンパクトにまとまったデスク周り。Hoxton Guide はホテル近辺の地図とレストラン、バー、ギャラリーなどの見所が満載。外に持って出かけるのに便利な大きさ

ラジオ

レトロなラジオは高級ブラント Roberts Radio 。1932年に設立された英国王室御用達として指定されている老舗メーカー

マグカップコーヒー

ホテルオリジナルのマグカップとコーヒーセット。コーヒーの味が美味しいと評判

バスルーム

全室シャワーのみで浴槽なし。水圧が高いのでリフレッシュできる

アメニティー

おしゃれなパッケージのアメニティーPen & ink はホテルオリジナルのブランド。近日中に販売開始予定とのこと

【おすすめポイント-その2 朝食バッグ】

ユニークなサービスのひとつがヨーグルトとグラノーラ、バナナ、オレンジジュース入りのブレックファーストバッグ。

朝食3

ユニークなブレックファーストバック。メニューの紹介(右下)と反対側にはオーダー時間と個数を記載欄がある(左下)

夜に人数と希望時間を袋に記載してドアノブに掛けておくと翌朝デリバリーしてくれる。アレルギーや嗜好による品物の変更可能でホテル出発前のちょっとした腹ごしらえに大好評。レストランでの朝食も(別料金)可能なので、のんびりと、しっかりと朝食を食べたい方はレストランにて。

【おすすめポイント-その3 良心的な価格設定とサービス】

THE HOXTON  のモットーのひとつは、宿泊者に無駄な追加料金を支払わせないということ。インターネット料金は宿泊料金に含まれており、全館で利用可能。また、英米豪と大部分のヨーロッパへの 固定電話への架電は1時間まで無料のサービスを提供している。冷蔵庫

冷蔵庫内のミネラルウォーター(朝夜に1本ずつ追加され、さらに必要な場合はレセプションでオーダーできる)とミルク(豆乳に変更可能)は無料のサービス。1日に2本ミネラルウォーターとは気が利いている

お菓子販売

レセプションでは宿泊者のみが利用できるスーパーマーケット価格のスナックを販売。コカコーラやチョコレートバーが 55p、ビールが1.25 GBP、ワインが6-7 GBPと通常のホテルミニバー料金と比べて破格な料金設定

ビジネスセンター

ビジネスエリアにあるマックは自由に利用可能

【おすすめポイント -その4 グリルレストラン、ラウンジ】

宿泊者、地元の人々に愛されるThe Hoxton Grill レストラン。ステーキとハンバーガーがおすすめ。特に日曜の17時まではホテル宿泊者が50%割引で食事ができるという特典があるため、予約なしでは入れないほどの人気。

レストラン3

常に賑わうThe Hoxton Grill。特に日の光が入るパティオ席(右下)の人気が高い

また、広々としたラウンジも居心地が良くたくさんの人が集まる。DJが毎週金&土曜日と最終木曜日の夜7時から深夜2時まで音楽を流していて、週末の人気ナイトスポットとなっている。

アイロン

アイロン室もユニーク。部屋でアイロンを借りることも可能

ギャラリー3

地上階廊下が3ヶ月ごとに展示内容が変わるギャラリーとなっていて、地元イーストロンドンのアーティスト、ギャラリーの作品を鑑賞できる

プレイルーム

プレイルームで卓球、ボードゲームを楽しむ

客層は、イギリス人が一番多く、オランダ、イタリア、スペイン、ギリシャ人と多国籍。

月曜〜木曜日はビジネス客で満室、週末にレジャー客が多いとのこと。日曜日の夜だと100GBP (税金20%、朝食バッグ含む)以下の料金で宿泊可能な場合があり、The Hoxton Grill での限定割引もあることがら、日曜日に宿泊がお得。

2014年11月にHolbornに2軒めをオープン。今年中にアムステルダムに3軒めをオープン予定の勢いにのるThe Hoxton でイーストロンドンらしさを満喫してはいかが?

【ホテル周辺おすすめスポット】

  • レイトナイト・アート:毎月第1木曜日の夜にイーストロンドンにある150以上ものギャリーが21時までオープンしていて、無料のイベントが数々開催される。無料のワインやドリンクを提供するギャラリーもあるので、この機会にローカルアートを堪能してみては?
  • 映画館 Elcentric Cinema とRich Mix :アーティスティックな映画館で、映画のみならず、劇場の雰囲気も楽しむことができる私がお気に入りの場所
  • Colombian Flower Market:ロンドンを代表するフラワーマーケット。ちょしっちさんのレポートはこちら
  • Broadway Market :トレンディーなカフェ、レストラン、ショップが集まるこじんまりとしたエリア。特にマーケットの出る土曜日はとても賑やかでおすすめ。
  • Shoreditch  エリア:多国籍のレストラン、カフェ、バー、クラブが多数。新しいレストランやカフェが目まぐるしくオープンする中、何度もリピートしているのが、英国料理Albion  (編集長レポート)カフェAllpress Espresso(編集長レポート)、カジュアルトルコ料理 Tas Firin 、ロンドンで最も古いベーグルショップBrick Lane Beigle Bake など。編集長おすすめのレストランカフェも盛りだくさん。
  • ベトナム料理が立ち並ぶKing Land Road 。最近のお気に入りは編集長レポートでも紹介されているGreen Papaya。味もサービスも良く、量も多くてこじんまりしているので他のレストランと比べて静かなのが良い。
ホテル名 THE HOXTON SHOREDITCH
住所 81Great Eastern Street, London, EC2A 3HU
最寄り地下鉄駅 Old Street(Northern Line) より徒歩7分
ホテルホームページ https://thehoxton.com/london/shoreditch/
予約電話番号 +44 (0) 207 550 1000
メールアドレス Book.shoreditch@thehox.com
ホテル部屋数 210 室
料金 一部屋( 21m2 ) 89.00 GBP  (VAT 20%込み、朝食バッグ込み) より。日曜日宿泊が安い料金設定となっている
喫煙ルーム
車椅子対応客室 10部屋
チェックイン時間 14:00
チェックアウト時間 12:00
Wi-Fi ホテル全館で有。使用料宿泊費に含まれる
日本人スタッフ
ホテル施設 レストラン、ラウンジ、ビジネスエリア、ミーティングルーム、プレイルーム、ギャラリー
Share.

About Author

児島みゆき

東京都出身の旅するOL。在ロンドン13年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

Leave A Reply