パリと日本、北欧がガッチンコ。職人スイーツ天国へようこそ!

0


Café Kitsuné at Pantechnicon  カフェ キツネ・アット・パンテクニコン

カフェもレストランも熾烈なリモート戦線まっただ中。春の再オープンまでもう待てません、という空気がいっぱい流れておりますが、本日はその再オープンが心底待ち遠しいベルグレイヴィアのパンテクニコン内カフェ、Café Kitsuné / カフェ キツネのご案内です♪   (パンテクニコンは略してパンテクでいきます)

ああ眩しい。

北欧とニッポンのカルチャーを反映させたライフスタイルと食の複合施設、パンテクについては3階のレストラン、Eldrをご紹介した際、少し詳しく書きました。このレストランも素敵なのですが、気軽に立ち寄って極上デザートとお茶でオシャレに休憩していただきたいのが、2階のロフト部分にできているカフェ キツネ。口コミだけですでに大人気です。

フランス情報にはとんと疎いわたくし、昨年オープン時に初めて訪れたときは、こちらがパリ発のカルチャー・ブランド<Kitsuné>が手がける飲食部門のロンドン1号店とは知らなかったのでした。もちろんメゾン キツネも知りません。それで猛烈にリサーチしてみました(笑)。日仏デュオによる2002年創業プロジェクトだそうで、音楽からファッション、そして飲食へと手広く事業展開され、大成功を収められているのですね。海外でジャパンが知られていくのは嬉しいものです!

カフェ キツネの注文カウンターは、ローマ・ギリシャ神殿風の圧倒されるようなパンテク・ビルの正面玄関を入り、真正面に構えているのでわかりやすい。言ってみれば建物の顔ですね。カウンター上には軽食のサンプルやケーキ類がズラリ。目移りしてすぐに注文できない可能性もあるので(笑)メニュー構成を知っておきましょう。

エントランス・ホール。2階まで吹き抜けが気持ち良い♪  左上に見えているのがイートイン・スペースです。

こちらでご注文を。

そして美しいフードたちに釘付け!

日本風の白パンを使った太っちょサンドは軽食人気ナンバーワン! コンフィ・エッグ入りの卵サンド、カツサンド、野菜サンドなどから選べます。オープン直後にはサラダ・ボウルもあったのですが、現在はメニューに残っているかどうか不明。

ケーキ類はロンドン5つ星ホテルで腕を鳴らした専属のギリシャ系パティシエさんが、完璧にクオリティ・コントロールされているそうです。すでに試された方には同意いただけると思うのですが、味の繊細さはもちろん、ディテールへのこだわりや日本的なエレメントを盛り込むセンス、一つの芸術品としてまとめ上げる力量は並大抵ではないと感じます。職人技が、バシッと決まっているんです。

カフェ キツネのシンボル、キツネちゃんクッキー♡

ある日はサンドを試してみました。手前の飲み物は柚子茶です。

エッグ・サンド! 白パンと合わせてとろける歯ざわり♪

これは何サンドだったのか。実はカツサンドを頼んだつもりが間違ったものがやってきました^^; これはこれで美味しかったのですが、ベジだったと思います。キャベツサンド?

私はフランス系のケーキが大好物というわけではないのですが、カフェ キツネのスイーツたちには敬意を払わずにはいられません。それは決してフレンチ・パティスリーの古典的な教科書に載っているものではなく、力強いクリエイティビティに溢れています。柚子抹茶エクレア、ティー&チェリークリーム・シュー、特製モンブランやチョコ・キャラメル・バーなど定番メニューに逸品が多い中で、私が特に気に入ったのは抹茶クロワッサン^^

抹茶クロワッサンとモンブラン♡

こちらは定番ケーキのティー&チェリー・クリームのパフと、チョコレート・キャラメルー・バー。折り重なるようにやってくるフレーバー層がまさに繊細フレンチの見本。

モンブラン、一口だけ試食させていただきましたけど、目が♡になる美味しさでした。

中身はこんな感じ♪

抹茶クロワッサンは2度焼きされているそうで、表面はサクサク。中にはちょうどいい甘さの上品な抹茶アーモンド・クリームがぎっしり。そしてこの芸術作品を際立たせているのは柚子を思わせる甘酸っぱいレモン風味のアクセントです。てっぺんにはクリスタライズされたレモンがちょこん。ほのかな酸味とアーモンドが織りなす、危険な誘惑。

2階のロフトからは1階のライフスタイル・ショップを眺められて楽しい!

そして実は、飲食以外にもパンテクには職人技の見どころが・・・♡ そう、周りを見渡してください。この素晴らしいインテリア・デザインを。

カフェ キツネ、そしてビルの共用エリアをパンテク側と協働でデザインされたのが、ロンドンを拠点に活動されている日本のデザイン事務所なんです! これは本当に嬉しい発見!

デザイン事務所の名前はDEIK」(デイク)。日本人建築家、塩谷進さん率いるDEIKは、なんと在英日本人なら知らぬ人はいない江戸建設さんとのコラボから生まれた新しいデザイン・チームなのです。

今後は日欧のデザインを知り尽くしたDEIKが設計デザインし、クラフツマンシップにこだわる江戸建設 / EDO Constructionが施工する形で、ディテールまで重視する高品質な空間を創造していくそうです。またDEIKは店舗デザインだけでなく、日本企業のイギリス進出のサポート、ブランディングまで幅広い分野をカバーされているので、イギリスに出店を考えている皆さんに、これは絶対的な朗報!


DEIKのウェブサイトを拝見すると私はDEIKのブランド名の由来が好きです^^  、パンテクのデザイン・コンセプトに関わるにあたって、北欧x日本の両国に共通するウッドクラフトを軸にしたデザインにされたとか。もちろんそこには、パリから生まれたカフェ キツネのアイデンティティも絡ませないといけません。つまり、それぞれユニークな個性を融合させる試みがなされているのです。

正面入った時の眺めがこちら。©︎ Edmund Sumner

この写真だとロフト部分がどのように造られているのかが、よくわかります。©︎ Edmund Sumner

上の2枚の写真は、DEIKさんについて教えてくださったお友達の旦那様、建築写真家のEdmund Sumnerさんにお借りしました。ありがとうございます!

パンテクは北欧と日本の折衷施設なんですけど、こうして日本人目線で見ると、インテリアにせよ食べ物にせよ、日本のものをより応援したくなっちゃいます^^

余談ですが・・・こちらのPenの記事によると、パリ、ニューヨーク、東京、ソウルなどで展開しているカフェ キツネの支店リストに、我が岡山が参戦しているようです(笑)。古民家を改装したお店はコーヒーの焙煎所も兼ねているとかで興味津々です。次回一時帰国したら寄ってみよう♪

Pantechnicon, 19 Montcomb Street, London SW1X 8LB

店名Café Kitsuné at Pantechnicon
最寄り駅Knightsbridge
住所Pantechnicon, 19 Montcomb Street, London SW1X 8LB
電話番号
営業時間平時営業:月〜金 8:00 – 22:00 土・日 9:00 – 22:00
URLhttps://www.pantechnicon.com
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply