ピクルス日和だね♪ 発酵キッチンへ行こう

0

Little Duck The Picklery  リトル・ダック ピクルリー

家で過ごすことが多くなると、保存食を作る機会が増えたなんて方も多いのではないでしょうか? 東ロンドンはダルストンの一画。界隈にしてはとても落ち着いた通り沿いに佇むLittle Duckは、ピクルスからキムチまで、発酵をテーマにした小さなキッチン・ダイニングです。

倉庫風スペースの大半を占めるのは、大きな大きなマーブルの作業台! 発酵クラスも開催するチームの本体は、Sohoで2011年に産声をあげたこれまた小さな自然派バー、Ducksoupなんです。9年前の当時、ちょうど季節のシンプルな小皿料理とナチュラル・ワインを出す小さな店がボツボツと増え始めていた頃で、ここも先駆けとしてグルメたちの大きな注目を浴びました。

2018年に姉妹店として誕生したLittle Duckは「The Picklery」(ピクルス製造所)のサブネームを持つ通り、さまざまな季節の野菜をどんどん美味しく発酵させたりピクルスにしたりして、時に発酵ドリンクも作って自然の恵みを謳歌します。Ducksoupと同様、自然派ワインも扱っており、プロの発酵料理をおつまみに楽しく賑やかにフル・ランチやディナーをいただけるという寸法。

ある晴れた日。とても美しいお店なのです ^^

カウンター席がほとんどですが、窓際にはテーブル席もあります。サワードゥだって発酵食品です!

「夢のカントリー・キッチン」という感じではないですか?♡

ランチはメイン1皿+ワイン1杯またはソフトドリンクで10ポンドとお得なセットもあって、ご近所の皆さんにも大人気です。週替わりメニューは黒板でチェック。私たちはこの日のセット・メインにそそられなかったので、アラカルトから味のコンビネーションを楽しんでみました^^

ピクルスの盛り合わせは当然! フェンネル、小かぶ、スウェードのキムチ風、だったかな? 好みはありますが、箸休めには最強の面々です ^^

発酵ドリンクは夏にぴったりの爽やかさ。なんというヘルシーな初夏の午後^^

ポークベリーのさっぱり煮。新しいポークベリーの食べ方! 発酵ソースがピリ辛で、めちゃ美味しかったです。

打って変わって濃厚なナスとひよこ豆のタヒーニ・ソース。こういう料理はハズレないですな。

ロックダウン中の現在は、木〜土だけ持ち帰り(16:00 –18:00のみ)やデリバリーに対応しています。注文&支払いは当日17:00までにオンラインで。メニューは毎週月曜日に発表! 政府が定める安全基準にのっとった方法で提供しています。メニュー・サンプルはこちらで!
https://www.littleduckpicklery.co.uk/little-duck-at-home

壁一面が収納棚になっているのですが、ピクルスの瓶、ナチュラル・ワイン、そしてこの店のナチュラル・コンセプトを表すかのような素敵なストーンウェアがいっぱい収まっていました。水差し欲しいな〜・・

味わいのある和風の器たち♡ ピクルスたちはもちろん販売もしてます。

デリバリー・メニューから拝借した写真です。お腹が鳴りますね〜

イギリスでは今週水曜日から息抜きのためのご近所外出に制限がなくなりました。外出したら、これまでは歩きっぱなしで帰らないといけなかったのですが、水曜から日光浴や小休憩もできるようになります。嬉しいな ^^  てことは、同居家族であればソーシャル・ディスタンスな屋外ピクニックも可能なのかも。お料理に飽きた皆さんは、レストランの持ち帰りメニューで一息つくのもいいかもしれないですね ^^

68 Dalston Lane, London E8 3AH

店名Little Duck – The Picklery
最寄り駅Dalston Junction / Dalston Kingsland
住所68 Dalston Lane, London E8 3AH
電話番号020 7249 9177
営業時間月 18:00 – 21:30 火 12:00 – 21:30 水〜金 12:00 – 22:30 土 10:00 – 22:30 日 10:00 – 21:30
URLhttps://www.littleduckpicklery.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply