カメレオンのように魅せるロンドンの新ベニュー!

0


Chameleon  カメレオン

今年4月の大型オープンの一つがこちら。名前の通りホームページにカメレオンのグラフィックがど〜んと使われていますが、その変幻自在の姿がコンセプトみたいですよ^^

ロケーションはバス通りでもあるマリルボーン・ロード沿いにある元教会で、もともとOne Maryleboneという名前のイベント会場だったところです。私は以前、アート・イベントで訪れたことがるのですが、広々としたゴージャスな空間に魅了されたものです。そしてこの度、外スペースを大胆に再活用したレストランを併設し、新たに「Chameleon」という複合施設として再オープン! この再開発を手がけているのは、ロンドンでも指折りのレストラン事業家さんです。

秋以降は会員制のプライベート空間が随時オープンしていくようです。まずは地下にプライベート・ルーム、そして屋内2階には地中海テーマの大型レストランやプライベート・ダイニングがオープンする模様。さらにフィットネス・クラブなども併設されるようで、まさにカメレオンのようなカラーチェンジが魅力の施設のようですよ。

目立つ建物! グレードI指定の貫禄。

そして現在のところ、一般に開かれた形でオープンしているのが、教会の外スペースを利用したレストランです。フロント・スペースには花屋さんがあり、レストランへの入り口もとってもグリーンなイメージに。カメレオンが住む森がテーマのようですが、アーバン空間の緑化はどの都市もテーマなので上手に取り入れているなという印象ですね。

花屋さんのアーチをくぐり抜けてレストランへ♪

こちらがメイン・スペースの一つ。ウェブサイトを見ると「God’s Garden」と名付けられています^^  神の庭。元教会ならではのニクいネーミングですね。

「神の庭」は落ち着いたデコレーションでまとめられています

ザクロのソフト・ドリンクはカラーも美しい。左はメニューの裏側。緑に囲まれた教会=カメレオンなんですね^^

レストランはイスラエル出身のエグゼクティブ・シェフ、エリオール・バルブルさんが厨房を率いています。カメレオンの立ち上げのためにイスラエルから呼ばれたそうです! テルアビブを代表するそうそうたるトップ・レストランでヘッド・シェフなどを務められていたエリオールさん。カメレオンの前はニューヨークでモダン・イスラエル料理レストランの立ち上げに関わったそう。イスラエル料理の大ファンとしては、絶対に見逃せないカメレオンなのです!!

器に入れて焼くイスラエル風ブリオッシュ。ディップはハリッサとトマト、ナスの2種を選びました。上品な仕上がり♪

器への好感度も高し。

ロンドンの大人気イスラエル料理レストラン、Palomarで初めてお目にかかったイスラエル風の器に入れて焼くブリオッシュ、Kubbanaもちゃんとメニューにありました。9ポンドしますが特大で、おつまみとしていただくなら、きっかり4人分はあります^^

ロンドンの今を映すエルサレム ・キッチン

 

ウェブサイトにメニューが載っていないので少し解説しますと、全てシェアすることを意図したプレートはディップ系が約6ポンド、小皿料理が9.5ポンド〜17ポンド、大皿料理が13ポンド〜33ポンドくらいと幅広いメニュー構成となっています。3名以上で来るほうがバラエティを楽しめ、かつリーズナブルになると感じました ^^

右はカリフラワーの炭火焼、サフラン・ソース。ブラック・レンティルと、カシューナッツ&キュウリのカスパッチョ・ソースを添えて。絶品!

こちらはタコのグリル!

私たちは2名でディップ系2皿、大皿料理から2皿を頼んでお腹いっぱい^^  大皿料理は最近のレストラン・トレンドに反してかなりのボリュームなので、4名くらいでシェアするのがやはりおすすめ。お味の方は今年に入っていただいた外食の中でダントツ! お気に入りレストランの仲間入りを果たしました♪

カリフラワーの炭火焼もタコのグリルも甲乙つけがたく美味しかったのですが、タコ好きならぜひタコを召し上がれ。ブラック・フムスと一緒にいただく柔らかいスペイン産のタコは、それ以外の要素も複雑に絡み合って味のバランスが素晴らしかったのです。紫キャベツのピクルスをこのお皿に組み合わせるシェフの腕前に拍手(味が引き締まります)。一番下に敷かれているソースがおそらく「Urfa Stock」。トルコの都市、ウルファ風のお出汁ということだと思うのですが、これも初めての食体験でした。

中東系の料理は辛くもなくスパイシーでもなく、素材の味を生かした調理法と新鮮なソースで楽しませてくれるので、日本人の皆さんであれば、絶対に好きになる味です。本当にお腹いっぱいでデザートまでたどり着けなかったのですが、次回は甘いものも試してみたいなぁ♪

こちらも神の庭の一部。大きくシームレスなテントが特徴で、ライブ音楽やDJを間近に楽しめるのもこちら。

さて、私たちは “神の庭” で食事をしたのですが、もっと別のダイニング形態があります。それは「グリーンハウス」。温室風のプライベートな空間を楽しめるとっておき!  お花はフェイクですが、それでも十分にスペシャル感いっぱいの食事を楽しめるはず。9つあるグリーンハウスのどれかで、いつかバースデー食事会とかしてみたいです^^

バーの向こうに見えているのも、4名席のプライベートなグリーンハウス。

ここが私のお気に入り^^ イベントとかやりたいなぁ。

一番奥にある空間。2名様向けのバー・スツールもあっていい感じです。

特別な食事会にぴったり♡

教会建築を再利用したロンドンの新しいマルチ・ベニュー、いかがでしたか?

建物の中は、側廊になっているギャラリーでは随時展覧会を開催していて、希望すれば案内してくれます。また礼拝堂として使われていたメイン空間はステンドグラスもそのまま。厳かな空気の中、ウェディングその他のイベントも執り行うことができます。

様々なイベントに対応する壮麗な空間。ゴージャスさを求める方はぜひ^^

なにはともあれ、レストランはそこにいるだけで華やかな気分になるので、とってもおすすめ。現在は水曜から日曜までの営業ですが、7月から毎日営業するようになるそうです。冬も暖房設備を駆使して営業続行! イギリス人たちは屋外テーブルが大好きなので、ちょっとした変わりアルフレスコ・レストランとして人気を保っていきそうです。

1 Marylebone Road, London NW1 4AQ

店名Chameleon
最寄り駅Great Portland Street / Regents Park / Warren Street
住所1 Marylebone Road, London NW1 4AQ
電話番号020 7186 2444
営業時間水〜金 17:30 – 22:00 土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 18:00 (2021年7月から週7日営業)
URLhttps://chameleon.london/restaurant
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply