日曜日はガストロパブのサンデーローストを♪

0

The Coach ザ・コーチ

ロックダウン3で最も痛手を受けている飲食業態が深夜営業のバー、そしてパブだと思います。

ティア3だった時、政府のガイドラインでは「substantial meal」(“ちゃんとした食事”:この文字をそのまま黒板に書いて茶化している店もありましたっけ)を提供することを条件にパブやバーは営業を許可されていました。その際、アルコールの持ち帰りもOKだったのですが現在はそれを禁止されているため、 ロックダウンの現在営業しているパブはかなり少ないのですけれど、食事に力を入れているガストロパブなら、話がちょっと違います。

The Coach。建物自体は18世紀末から存在するみたいです

クラーケンウェルにあるThe Coachは2018年に新しいマネージメントの下、リニューアルを行った際にハーヴェイ・ニコルズのThe Fifth Floorが最も元気だった1990年代にエグゼクティブ・シェフを務めたヘンリー・ハリスさんをコンサルタントに迎えてメニューを刷新。クラシックな料理を丁寧に調理する彼のスタイルを踏襲しつつ現代の志向に合わせたメニューで楽しませてくれます^^

スパイス・カリフラワーはレーズンと合わせて♪

ナスの中等風も味よし。

スモークサーモンのサラダも甘酸っぱいピクルスと合わせてバランスよく♪

リニューアルと言ってもインテリアはクラシック路線でブリティッシュ・パブの雰囲気を残したまま、奥にコンサーバトリー を利用した素敵なダイニング・スペースを作ってガストロパブの本領を発揮しています。また上階は現代的な仕様のホテルも併設。ここがかつてThe Coach and Horsesと呼ばれていたように、馬車を休ませ旅人がくつろぐ宿屋&飲み屋だった時代から基本的に機能は変わっていません^^

シェフのヘンリーさんはもともと実家がブライトンの人気フレンチ・レストランだったことからフランス料理への造詣が深く、自身もナイツブリッジでフレンチ・ビストロを長年に渡って経営していたことから、肉を使ったビストロ・スタイルの料理を得意としているようです。私が訪れたときはハシゴ2軒目だったため(笑)軽い料理ばかりを注文して残念ながらメイン・コースはいただかずじまい。後で調べてみると、サンデーローストで人気みたいですね!

お店のインスタグラムから拝借。美味しそう!

ロックダウン後も大晦日用の持ち帰りメニューを開発したり、日曜日だけ持ち帰りサンデーローストを提供したりと、しっかりと活動中。ご興味ある方はぜひ問い合わせてみてください!

26-28 Ray Street, London EC1R 3DJ

店名The Coach
最寄り駅Farringdon
住所26-28 Ray Street, London EC1R 3DJ
電話番号020 3954 1595
営業時間通常営業時間 月〜土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 19:00
URLhttps://thecoachclerkenwell.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply