毛布にくるまってヨーロピアン・バーで乾杯♪

2


Vermuteria ヴェルムテリア

昨日は「ロンドンどん」のゆいちゃんにお招きいただき、「ロンドンで今いちばん熱いエリア」について語ってみました^^  その際「屋外飲食スペース」のおすすめとして挙げさせていただいたのが、キングス・クロスのCoal Drops Yard です。

昨日の動画を見逃した方はこちらで!
https://www.youtube.com/watch?v=JSPAR8l_-h8

Coal Drops Yard には様々な形態の屋外スペースがあるので、「予約してない! 予約取れない!」とパニックっていらっしゃるあなたは、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか(目下ロンドンでは屋外飲食スペースは争奪戦となっています!)。

かく言う私が4月12日の屋外飲食解禁日に足を運んだのが、ちょうど一番奥のスペースに陣取っている居心地満点のVermuteria。スパイスやハーブで風味づけした白ワイン、ベルモット(Vermouth)をドリンクのテーマとして、ベルモットの製造国でもあるイタリアやフランス、スペインの食を取り入れたバー・レストランが、ヴェルムテリアなのです。

屋根があるので全天候型 ^^

みんなで祝おう♪  時間が遅くなるにつれて大勢が集まってきました。

今週月曜日のロンドンの最高気温は11度くらいで、決して外飲みに適した気温ではありませんでした^^;  が、このバー・レストランの外スペースには簡易な暖房器具が設置されてあり、さらに大判の毛布をほぼ各自に用意してくれていたので、寒いと感じることなく、安心して解禁日のお祝いをすることができました^^

ベルモットはいただかなかったのですが・・・やはり寒い日のアルコールは赤ワインかな♪

料理の美味しさには定評あるようです^^

予約なしで座れたのには感謝!

軽いおつまみとしてチキンのローストとロースト野菜を頼んだのですが、これが大変ジューシーで完璧に美味しく、大満足。調べてみるとたたき上げロンドンの重鎮シェフであり、レストラン事業家としても成功しているアンソニー・デメトレさんが手がけていると言うではありませんか!

アンソニー・デメトレさんは、私も大好きだったメイフェアのミシュラン一つ星レストラン、ワイルド・ハニーを立ち上げた方であり(現在はセント・ジェームズのソフィテルに移動)、元々はゴードン・ラムジーさんやマルコ・ピエール・ホワイトさんといったロンドンの食通レストランの黎明期を築き上げたシェフたちの一人。彼のインタビューを読むと、2018年秋のヴェルムテリア立ち上げ時点で厨房にプロ設備はなく、オーブン1つと簡易コンロがあるだけの状態からメニューを作り上げたそうです。

オールデー・オープンでカフェとしても使えます。

すでに貫禄と見識を備えた外食産業の重鎮でもあるデメトレさんですが、私生活では熱心なサイクリストであり、その趣味が高じてサイクリスト・クラブのラファ・クラブで特別メニューを手がけることにも繋がったそうです。そのサイクリスト文化もこのヴェルムテリアの理念などに反映されているのだそう^^

コール・ドロップス・ヤードでは、メイン広場でいつも大人も子供も楽しめるエンターテインメント設備を設けています。現在はゴルフ・テーマの遊技場を設置! ヴェルムテリアに限らず、お休みの日にぶらっと出かけて、グルメやショッピングを存分に楽しめる場所としてもおすすめなのです。

外に出かけよう!

38/39 Coal Drops Yard, London N1C 4DQ

店名Vermuteria
最寄り駅Kings Cross & St Pancras
住所38/39 Coal Drops Yard, London N1C 4DQ
電話番号020 3479 1777
営業時間月〜木 11:00 – 22:00 金 9:00 – 22:00 土 10:00 – 22:00 日 10:00 – 18:00
URLhttps://vermuteria.cc
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

2件のコメント

  1. LONDON EYEさま

    見てくださってありがとうございます!
    これからの再開発地区、楽しみですよね>< Coal Drops Yardは、噴水のあるグラナリー・スクエアと繋がっている部分です^^ 今はその脇の広場にリテールをいっぱい入れて頑張ってます。

  2. Londonどん#8、YouTubeでみました!
    またご出演ください!
    情報満載で、勉強になりました(^o^)丿
    これからの開発地域も楽しみです。

    Coal Dropsには、2年前位に行きました、
    噴水が印象的でした。
    その時よりも、今は、もっともっと素敵になっているのですねー。

Leave A Reply