馬たちの声に耳を澄ませるパブ・ダイニング

0


Farrier  ファリア

その昔、馬車が物流や移動の手段だった頃、運河が流れるカムデン・タウンは倉庫街として栄えました。 現在ステーブルズ・マーケットがある場所には、馬たちの世話をする厩舎や付属品を作って販売するお店、蹄鉄を直したり怪我をみたりする馬病院がありました。20世紀半ばまでは馬たちが大活躍していたんですね!

カムデン・マーケットのこちらのリンクによると、最盛期には約800頭の馬たちが出入りしていたそうです。物流の一端を担っていただけでなく、列車を引っ張ったり、列車のパーツを運んだり、乗客の荷物を運んだりもしていたそう。

この4月、ステーブルズ・マーケットの一番奥で、馬病院の跡地に誕生しているのがガストロパブのFarrier(蹄鉄師という意味)。現在グレードIIの保護建築指定となっているその建物は、レンガ造りはそのままに、とってもクールなパブ・ダイニングに変身しています。以前はFEST Camdenのクラブ兼イベント会場だったのですが・・・こちらの方が時代に即している感じがします^^

ナチュラル・ワインもたくさんあるそうです。

広い! 天井高い!

なかなか気持ちが上がる内装です^^

建物のフロントとバックに屋外テーブルを設置。天気の良い日は外で飲むのもいいですよね。気温が低くても大丈夫。基本的なヒーティングが用意されているので、思いのほか快適に過ごせます。

さて、Farrierのお料理を監修しているのは複数のロンドンのトップ・ミシュラン・レストランの厨房で働いていたアッシュ・フィンチさんです。私たちはロックダウン開け直後くらいに訪れたのですが、お料理は季節によって変わるので現在はまた違ったメニューをお楽しみいただけます。

春のグリンピースを使ったムース・タルト♡ 優しい美味しさ。

チップスにはカレーソース! 右はウィートのリゾットだったかな。

左はラム・ショルダー、右はスプリング・グリーン。

メニューはアッシュ・フィンチさんがクリエイトして監修し、別のシェフたちが調理をしているのだと思います。概して素敵な仕上がりでしたが、味が濃いと感じるお皿も半分くらいあり、お酒を合わせるために故意にそうしているとみるか、あるいはシェフがスペイン人とみるか・・・。お値段もちょっとしたレストラン並みですので、気になる方は多種類を用意しているバー・スナックでタパス風に楽しまれるのもいいのかも^^

デザートは名物のチョコレート・ムースがおすすめ。今はルバーブを使った季節のスイーツを楽しめるみたいです。

これは好みが完全に分かれたデザート! すごく変わっててなんだったか思い出せないのですが ^^; 

チョコレート・ムースはなかなか美味しかったです♡

日曜日はぜひサンデーローストを♪  そして月曜日のランチタイムは、ローストの残りを使ったサンドイッチ「ロースティー・トースティー」を提供!  残り肉がなくなるまでサーブするそうですよ。これは食品廃棄を減らすという意味で、なかなか良いアイデアだと思います^^

カムデン・タウン周辺は個性的なパブがいろいろありますが、ファリアはガストロパブとしての顔が強いと感じます。何よりインダストリアルな内装がロンドンらしく素敵なので、ちょっとした記念日にレストラン内の席を予約して、3コースをお腹いっぱい食べるつもりで訪れてみても楽しめるでしょう♪

87-88 North Yard, London NW1 8AH

店名Farrier
最寄り駅Chalk Farm / Camden Town
住所87-88 North Yard, London NW1 8AH
電話番号020 8092 4100
営業時間月〜木 12:00 - 23:00 金・土 12:00 - 00:00 日 12:00 - 22:00
URLhttps://www.thefarriercamden.com
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply