ロンドンのハイストリートファッション! 春夏の息吹を感じてみよう

0


街に出て2022 春夏ファッションのトレンドを感じてみると、なんといっても色、色、色が主役です!
それも華やかなグリーン、オレンジ、ブルー、イエロー、ピンクともかく元気な色合いがファストファションからハイブランドまでのウィンドウや店でいっぱいだ。
パーソナルカラーで言えば、イロベ(イエローベース)の人たちには嬉しい品揃い。

Diorだってカラフルです。

セクシーな黄色のワンピは、なんとPRADA!

ZARAは、ともかくこの春夏のトレンドカラーが全て揃っているという感じ。

ZARA

Reserved(ポーランドのファッションブランド)もカラフルな色合いで店内が賑やか。

春の定番であるパステルカラーも変わらず人気だけど、特にラベンダー色(ライラック)は大人気。こちらはブルベ(ブルーベース)の人たちが得意とするカラー。

Reserved

それと秋冬から引き続きシルバーやゴールドといったメタリックも人気のようだ。

Loeweはシルバーとラベンダーの組み合わせ。やっぱりブルベ同士の相性は抜群だね。クール。

気になったのが、白いスーツのマネキンが持っているバック。
フェンディグラフィといい、肩にかけるとバックの底についたFENDIの文字が目立つ。

形で言えば、ミニスカートが断然多い。
なんとMax MaraやCHANELでさえもミニスカート。

Max Mara

CHANEL

そんな中、一番の驚きはMiu Miuだった。

毎回、ワクワクさせてくれる甘いスタイルを得意とするミュウミュウ。だけど今シーズンはまったく見事に期待を裏切られた。
色も形も、かなりベーシックなのだ。
あのミュウミュウが・・・。
トラッド系だけど、よく見ると裾を切りっぱなしにするなど、オリジナリティを加えているけど、
これがミュウミュウ?と、すっかりと印象を変えたコレクションを展開しているがすごーく新鮮だった。

Miu Miu バミューダパンツの裾やコートの裾に注目。

Miu Miu。靴もトラッド系だけど、つま先は何処までも細い。

買う。買わない。ではなく、さあ、街に出て、こんなエネルギーを感じてみようよ。

Share.

About Author

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。www.style-lab-london.com

ウェブサイト

Leave A Reply