<今の私>でオシャレを楽しむ。をスタートしませんか?

0


もう、年齢を言い訳にしない。あきらめない。
“今の私”でオシャレを楽しむ。をスタートしませんか?

タイムレスに入荷される『ZARA』で“今モノ”を試す。ともかくカラフル。

コロナで外出の機会がめっきりと減り、あら、おしゃれなんて不要じゃない?なんて思っていませんか?
その背景には、なんだか好きな服を着ても決まらない!
そして、似合う服がない!というおしゃれ迷子の上に、
ああ、若くないから、仕方がないわね!というあきらめもありませんか?

​そんなあなたに、かっこいい先輩からの言葉。
70代の今も現役で挑戦し続けるスタイリスト・北村道子さんは
「生き方と服は水と油のようなもの。そのふたつが混じり合うことで、化学反応が起きるんです。私は “服の力” という言葉を使う」とおっしゃっています。

ZARAのライバル系『Mango』は、ちょっと抑えめな色揃え。

ファッションデザイナーの島田順子さんの言葉。
「誰も私に関心がないからと、身なりを構わないのはもったいない。おしゃれは自分のためにするものだから、自由に楽しんで。そのためには自らを知ること。」

好きな色、洋服を着る。そして、服の力を借りて、こうありたいという理想の自分を表現していること。
「着たい服を着る。」は、「したいことをする。」のと同じなんですね〜。

そして、なんと『おしゃれは、着る人の高揚感を高め、ストレスを軽減させ、免疫力を高める*』そうですよ。(*「おしゃれの理的効果とストレスホルモンへの影響」より)

 

ということで、これからはおしゃれを通して、自分を見つめてみませんか?

第1歩は、まず、自分をよく知ることからです。

どんな色が自分を綺麗に見せてくれるのか。
どんな形の服が、ワンランク上げてくれるのか。
どんな素材が、よく似合うのか。

どの形のバックや靴が、あなたをより“イケてる!”に見せてくれるかをまず知るのです。

そして今のあなたに似合うの小物たちを味方につけ、自分をより自分らしく、ワンランクアップしてみましょう。

シンプルで無造作な服を扱う『COS』のこのドレスはイチオシ。

​最終到着地点は、好きなものを私らしく着こなす。

​自分の “似合う” を試してみると、自分理解が深まり、アレンジがしやすくなります。
基本をわかっているからこそ、自分の “好き” を足しても
しっかりと着こなせ、あなたらしいオリジナリティが作れます。

それが好きなものを私らしく着こなす。です。
​素敵に見える大人の女性になるセルフブランディグの完成です。

ファッションは人生を豊かにするツール。

自己評価が高まり、自信が出てきて、新しいものへの興味や意欲へとつながることになるのです。

さあ、化粧をして好きなものを着て外に出かけてみましょう。
おしゃれを楽しみ、そして思い通りの人生を生きていきましょう。

値段コンシャスで、今を試すなら『H&M』

Share.

About Author

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。www.style-lab-london.com

ウェブサイト

Leave A Reply