Brought to You by Gig Connection

0


クラシックギターと和楽器や歌手の方、違うジャンルの音楽家さん達との仕事が増えてきた頃、今も大変お世話になっているGig Connection のチームの方から、「エレキギターも弾いてみては?」と提案されたのがキッカケで、今ではコンサートだけではなく自身のEP “Featherings” では6曲中2曲でエレキギターを弾くほどになりました。子供の頃の夢が成り行きで叶いましたw


元々15歳の時に友人から中古ギターを譲ってもらった事が今でもギターを続けているキッカケだったので、エレキギターを弾くということ自体は問題無かったのですが、チケットを買ってくれたお客さんに超久しぶりのエレキギターの演奏を聴かせてもいいものか…と結構真剣に悩みました。

しかし、イベントの内容は、日本人ミュージシャンのライブ兼ハロウィン・パーティーということで、楽しそう+イギリスのユルさを信じて最終的にOKしましたw

Nocturna Photography

当日(写真提供 Nocturna Photography)と翌朝の写真ですw

イギリスでは2020年3月末から2021年7月末まで続いたCovid-19に伴う規制でその間ライブ音楽は一部の例外を除いて一切禁止されていましたが、規制の緩和後すぐに彼らの助けと友人達のサポートのお陰で7月末から8月末だけで4回、9〜10月も殆どの週末はライブか何かしらの演奏をする事になり、音楽に対する皆さんのサポートに感謝の気持ちで一杯です!:-)

彼らのおかげで新しいジャンルやミュージシャン達との繋がりもでき、さらには現代のエレキギターのセットアップ等々、僕の知らない事も山ほど教えて頂きました。

実はエレキギターを弾いたりレッスンしたりという事は長い間してきたのですが、機材やセットアップに関する知識が殆ど無く(あっても約25年前)、ロックダウン明けにライブで新曲をエレキギターを演奏した時もステージ上でどうしても音が出ず、Gig Connection の代表であるユースケさんがステージ上に上がって来てくれて直してくれるというトラブルもありました。後から聞いたところによると、何故かボリュームがゼロになっていたそうですw

一度、ライブ後に貴重品の入った黒いカバンを紛失してかなり焦っていた時も、「ステージに置いてありましたよ」とクールに見つけてくれたりと面倒見の良さと冷静さにはいつも感動させられていますw

他にも日本から来英されていたアーティストさんが楽屋でインタビューを受けていた時にも、スムーズにインタビューが進められるよう日本語⇆英語の同時通訳を咄嗟にしたりと、気が利くだけでなく頭脳明晰で、なんと子供の頃にヴァイオリンを習っていたそうなのですが、その先生が David Cross (元King Crimson のヴァイオリニスト)だったそうなのですが、もう一般人のレベルからはかけ離れた世界最強のエレキ・ヴァイオリン奏者さんで、僕も敬愛するプログレ・ユニット Liquid Tension Experiment のベーシストでありPeter Gabriel や King Crimson で活躍している Tony Levin は David Cross との共演も多く、いわゆる ‘God’ 達の一員と言っても過言ではない方なのですが、以前に「まだ彼とは連絡を取ったりレッスンを受けたりしてるんですか?」と聞いたところ、

……

「ギターの方が好きだったんでレッスンは結構すぐやめました」

……

ってw

そこはギターの方が好きとかそう言うレベルじゃないような気がするんですけどw

子供の頃から超クールだったんですねw

やる事がお洒落というかユーモアもたっぷりで、僕がアマチュアの皆さんと一緒に演奏した時も、打ち上げでその時のバンドのメンバー皆んなに封筒を渡してくれたのですが、中にギャラが入っていたのは僕だけで、他のメンバーの封筒には日本の駄菓子が入っていたと言うエピソードもありましたw

皆んな怒り狂ってましたw

その彼に先日、ステージでの演奏に理想的な音色・トーンを作る為の機材、いわゆるエフェクト・ボードという物を揃えるお手伝いをしてもらう為わざわざ楽器屋さんまで一緒に行ってもらい、さらには機材の電源供給やトラブルを回避する為に必要なセットアップなどを全て彼の自宅でしてもらい(僕はそれを隣で感心しながら見てましたw)、さらには「取り敢えずしばらくの間これを使って下さい」と、ギターアンプまで譲っていただきました…。:-)

お父さん…w

さてさて本題ですが、そんな素晴らしい彼らのお陰で2021年10月3日(日)に、素晴らしいゲストをお迎えし、ライブをすることになりました!

題して…

Featherings Sessions – October 2021 Edition, featuring Ayako Yamazaki, Sakie Shitara

詳細はこちらから↓

https://www.eventbrite.co.uk/e/featherings-sessions-oct2021-with-ayako-yamazaki-tickets-173302320907?aff=ebdssbdestsearch

記念すべきイベントシリーズの第一回目となる今回は、日本でTV アニメ「キャプテン翼 J」の主題歌を歌われていた山崎亜弥子さん(!)をメイン・ゲストに迎え、更に同じく日本で活躍されている設樂咲枝さんをサポートに迎え超豪華セットでお届けします!

“Brought to you by Gig Connection. Not to be missed!”

Gig Connection があなたに届けます。お見逃しなく!」

Share.

About Author

京都府出身。ロンドンを拠点に作曲・編曲・演奏活動をするギタリスト。15歳の頃からエレキギターを始め、19歳の頃からクラッシックギターを藤井敬吾氏に師事。1999年からギルドホール音楽院 (Guildhall School of Music & Drama) で学び、奨学金を得てギルドホール音楽院のバチュラー(楽士)、演奏家ディプロマ、作曲家ディプロマを取得。音楽的バックグラウンドはインド、日本の伝統音楽、ポップ、ロック、ヘヴィ・メタルと幅広く、クラシックギターの新しい可能性を追求し続けている。作品に津軽三味線とのコラボ『Four Springs』、シンガー・ソングライターTim Hopkins氏とのコラボ『RED SHOES GREEN TEA]』、自身の作曲作品集『SKY FLOWERS』など。 公式ウェブサイト:www.hideguitar.com

ウェブサイト

Leave A Reply