砂糖不使用&低カロリーのダブル・ヘルシー・スイーツ!

0

th_Romeos_banner

Romeo’s Sugar Free Bakery ロミオズ・シュガー・フリー・ベーカリー

近年、何らかの食物アレルギーや「Food intolerance」(食物不耐性/過敏症)を持っている方が増えているように感じます。こういう症状は昔からあったのでしょうけど、知らないまま身体の調子の悪い生涯を閉じる方も少なからずいらっしゃったのではないでしょうか・・・・。でも今は! 多くの方がアレルギーや耐性の問題に気づき、レストランに行っても「アレルギーはありますか? 何か食べられないものはありますか?」と親切に聞いてくださる世の中になりました。関係ないですけど昔の日本の学校給食みたいに「好きでも嫌いでも全部食べなさい!」というゴリ押しが通用しなくなってきているのが嬉しいですね〜っ ^^

アレルギーは食べると生命を脅かすような症状が出るもの。だから外食時にはとても気を使われることでしょう。そんなアレルギーを持っている方のための専門店が今、ロンドン市内に増えています。例えばイズリントンのUpper StreetにあるRomeo’s Gluten Free Bakeryは昨年春のオープン以来小麦粉で作ったパンを食べられない方の救世主となっていますが、同オーナーのロミオさんが2店舗目としてオープンしたのが、ロミオズ・シュガー・フリー・ベーカリーです☆

th_Romeos1

ここはシュガー・フリー、つまりお砂糖を使わずに作ったスイーツ類ばかりを扱っているお店。といっても人口甘味料を使っているわけではありません。どのケーキも果汁をはじめ自然の甘さを利用したもので、しかも低カロリー。ダイエット中の方だけでなく、糖尿病予備軍の方などに嬉しい商品レンジなのです。

ラズベリー・ケーキ(右下)のスポンジは、どちらかというと塩味が強かったかも ^^;

ラズベリー・ケーキ(右下)のスポンジは、どちらかというと塩味が強かったかも ^^;

例えばラズベリーとカカオのケーキは小麦粉不使用、砂糖の代わりにフルーツの甘味を生かしたものですが、(たぶんココナッツの粉を使っている)スポンジのしっとり感は素晴らしく、小麦粉のケーキと比べても全く遜色がないどころか十分に楽しめる出来映え☆ バノッフィ・パイはベースのパイ生地がちょっと固かったほかは(これも小麦粉不使用なのかも)、フィリングの甘味も自然で申し分なく、これならずっとシュガー・フリー、小麦粉フリーでも生きていけそう♪と思ってしまったほど ^^; その他、チーズケーキやミルフィーユなどの人気が高いようなので、次回はそちらを試してみたいと思います☆

グルテン・フリーの商品も置いていると思うので、お店の人に聞いてみて。ロミオさんのグルテン・フリー・ベーカリーは、エンジェル駅方面に歩いてすぐ。

グルテン・フリーの商品も置いていると思うので、お店の人に聞いてみて。
ロミオさんのグルテン・フリー・ベーカリーは、エンジェル駅方面に歩いてすぐ。

お店の雰囲気そのものはさほど「クール」というわけではないですが、キッシュやサラダ、ピザなどの軽食も「◯◯フリー」のものが多いので、ヘルシーランチ → ヘルシーデザートというヘルシー尽くめの食事をお求めの方はぜひ当店を試してみてください!

178 Upper Street, London N1 1RG

店名Romeo’s Sugar Free Bakery
最寄り駅Highbury & Islington / Angel
住所178 Upper Street, London N1 1RG
電話番号020 7354 3399
営業時間毎日 8:00 – 22:00
URLhttp://www.romeossugarfreebakery.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す