300年つづく英国紅茶の歴史がここに

0

th_Twinings_banner

Tea Bar at Twinings Strand  トワイニングス ストランド本店 ティー・バー

トワイニングと言えば、イギリスでは今でこそスーパーマーケットに数多くのティーバッグが並ぶ庶民的な紅茶ブランドとして知られていますが、その歴史は古く、1706年に遡ります。

始まりは初代トーマス・トワイニング氏がオープンした紅茶を出すコーヒーハウス。現在の本店が置かれている216 Strandです。

19世紀前半にはヴィクトリア女王から王室御用達を授かる栄誉を得て王侯貴族にもてはやされ、20世紀半ばにティーバッグを積極的に売り出すなどマーケターとしての手腕も発揮、現在は海外輸出はもとより英国内でもリピート愛飲者が多い庶民のブランドとしての確固とした地位を築いています。とはいえ今でも王室に収めているのは確かで、クオリティへの妥協もなし。名実ともにイギリスを代表する老舗紅茶ブランドですよね。

季節商品も多数発売されるので、コレクターはマストゴー!

季節商品も多数発売されるので、コレクターはマストゴー!

イギリスではスーパーマーケットに足を運べばさまざまなフレーバーのトワイニング社ティーを入手できますが、チャンスがあればこのストランド沿いにある堂々たる本店を訪れてみてはいかがでしょう?

代々のトワイニング社当主の肖像画が見下ろす細長いショップには、重厚な木製棚にスーパーでは見かけたこともない商品が美しく並んでいます。日本人に人気のレディ・グレイをはじめ、ティーバッグだけでなく同社が扱う最上質のリーフ・ティーを入手することができる稀有な場所でもあるのです。

一瓶45ポンドするダージリン・ファーストフラッシュも

一瓶45ポンドするダージリン・ファーストフラッシュも

そして当店だけのお楽しみは・・・奥のスペースにある「The Tea Bar」で賞味するお茶の試飲♪ 試してみたい商品をエキスパートに告げれば最適温度で煎れた紅茶を試飲させてくれますよ。ショッピングとティータイムを同時に済ませられるワ、なーんて、忙しい旅行者の方なら思われるかもしれませんね。

Fleet Streetに続くこのロケーションは、政治の中枢であるウェストミンスター、かつてのメディア街、そして金融街シティを結ぶパーフェクトな場所だったことが分かります。今も王室に愛される老舗ブランドの本当の顔を見に、訪れてみませんか?

けっこう混んでいるんですが、根気づよく待ってみましょう ^^

けっこう混んでいるんですが、根気づよく待ってみましょう ^^

ところでトワイニングと言えば、数年前にテレビで放映していたCMが記憶に残っています。日本在住の方はこちらの動画、見られるかな? キャッチコピーは「Gets You Back To You」。「トワイニングの紅茶を飲んで、ほっと一息・・・本当の自分に帰ろう」みたいなニュアンスのメッセージなんですけど、なかなかドラマチックで感動的なのです ^^  下は2014年バージョン。これもいいけど、やっぱり2011年バージョンが好きかな ^^

216 Strand, London WC2R 1AP

店名Tea Bar at Twinings Strand
最寄り駅Temple / Charing Cross
住所216 Strand, London WC2R 1AP
電話番号020 7353 3511
営業時間月〜金 9:30 - 19:00 土 10:00 – 17:00 日 10:30 - 16:30
URLhttp://www.twinings.co.uk/about-twinings/216-strand
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す