静謐なる隠れ家、金融街のサンクチュアリ

0

th_Wren_banner

The Wren   ザ・レン

偉大なるクリストファー・レン卿による傑作、セント・ポール大聖堂からさほど遠くない大通り、Queen Victoria Street沿いにひっそりと佇む小さな教会「St Nicholas Cole Abby」を利用した美しきカフェです。じつはこの900年の歴史を誇る教会も、1666年のロンドン大火後にレン卿によって再建された50を超える教会のひとつ。すごい勢いで都市復興が進んでいた当時、ロンドンの都市計画を大きく担ったのが、レン卿だったのですね。世界大戦で爆撃に遭った後にも主要な修復がされています。

th_Wren0

こちらの立て看板がなければ絶対に分からない普通の教会エントランス・・・そして中に入ると・・・

th_Wren1

th_Wren3

あらゆるストレスが静まってしまいそうな聖なる空間が広がっています ^^  教会自体が英国国教会の教育センターとして生まれ変わったのが2014年3月のこと。その際に大勢のボランティアたちの力で、このカフェがオープンしたそうです。以来、キリスト教や聖書について学びにくる人々を温かく迎えているだけでなく、金融街で働くビジネスマンたちのとっておきの憩いの場としても大活躍しています。

th_Wren2

コーヒーはWorkshop Coffee、お茶類はBrew Tea Coのものを使用したアルチザン志向。キッシュやスープ、サラダなどの軽食もランチ時には用意されます。午後になるとケーキ類がズラリとカウンター上に♪

とてもコンテンポラリーで目を惹くステンドグラスは、1940年代にアーティストのKeith Newさんによってデザインされたものだそうです。高い天井、大きな窓から降り注ぐ端正な光。教会カフェならではの醍醐味を、ぜひ味わっていただきたい美空間です。

th_Wren4

114 Queen Victoria Street, London EC4V 4BJ

店名The Wren
最寄り駅Mansion House / St Paul’s / Blackfriars
住所114 Queen Victoria Street, London EC4V 4BJ
電話番号020 7236 1014
営業時間月〜金 7:00 – 17:00
URLhttp://www.thewrencoffee.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す