ペイストリーの魔術師、LONDONに来る

0

th_DAB_banner

Dominique Ansel Bakery  ドミニク・アンセル・ベーカリー

ドミニク・アンセルさんと言えば、世界で最も尊敬されるトップ・ペイストリー・シェフとして名高いフランス人ニューヨーカー。ニューヨークではフレンチ・レストラン「ダニエル」がミシュラン三つ星を獲得するのに貢献したペイストリー・シェフだったのだそうです。2011年に独立してニューヨークSOHOに一号店を出した後、初の海外支店として2016年6月、東京に2店舗を出店、同年9月にはなんとロンドン・ヴィクトリアに海外3店舗目をオープンしてくれました!

DAB_1

というわけで、私たちはロンドンにいながらアンセルさんの独創的かつ繊細なパンやケーキ、焼き菓子をいただくことができるのです。パリよりも先にロンドン店ができたというのはちょっと不思議な気がしますけれども ^^;   きっとアンセルさんの深い考えがあったに違いありません。ヴィクトリア駅裏手のベルグレイビアに店舗が登場したときは鳴り物入りで、メディアでも大きく取り上げられ、しばしば行列ができているのをよく目にしていました。半年以上経ってようやくの訪問・・・さすが世界最高峰のペイストリー・シェフが考案するパンやケーキは、ひと味もふた味も違いました ^^

フランス菓子がベースにあるため、クロワッサン生地やブリオッシュ生地を使った創作菓子パンの種類とクオリティには目を見張るものがあります。ここの名物は「Dominique’s Kouign Amann」(ドミニクのクイニーアマン)を略した「DKA」、そしてアイデアマンであるアンセルさんの面目が躍如している「クロナッツ」です。クイニーアマンは個人的には甘過ぎで日本で流行っていたときもあまり食べなかったお菓子ですが、アンセルさんのものは生地の旨味を重視している印象で興味あり! そしてクロナッツはロンドンでも大流行している焼きドーナッツですが、アンセルさんが生みの親だったのですね。知りませんでした。2013年にニューヨークで誕生したようで、こちらは美味しさ保証済み ^^ 何層にもなったクロワッサン風生地とドーナッツ特有のイースト発酵の風味が融合したユニークなお菓子ですよね。アンセル版をいつかいただくのが楽しみです。

右上の真ん中に見えているのがDKA。

右上の真ん中に見えているのがDKA。

さて、チェルシー界隈を歩いて疲れていたこの日・・・ベルグレイビアまで戻ってきて私が注文したのは・・・こちら、何だと思われます?

DAB_3

トップにはフォンティーナ・チーズが♡

ウェルシュ・レアビット・クロワッサンです ^^  あまりのユニークさに甘いものをやめて思わず頼んでしまいました。

しっとりとしたハイクオリティのクロワッサン生地の中にたっぷり詰まっているのは、ギネスとウースター・ソース、チェダー・チーズで味つけされたベシャメール・クリーム。粒マスタードがアクセントになっていて、その濃厚な味わいに思わず唸ってしまうイギリス食文化を意識したアイデア商品でした。巨大なので半分残して持ち帰ろうと思ったのですが、気づいたら全部なくなっていた!? ^^;   クリームがかなり濃厚なので、個人的にはもっと量が少ないほうがクロワッサン生地とのハーモニーを楽しめるのではと思いました。それにしても生地はさすがの出来映え。世界一のペイストリー・シェフの腕前を垣間みた気がしました。

粒マスタードの量ももっと少なくていいのかも・・・でもこの濃厚さがアンセル風なのかもしれませぬ。

粒マスタードの量ももっと少なくていいのかも・・・でもこの濃厚さがアンセル風なのかもしれませぬ。

アンセルさんのファンが着実にロンドンで育っているんだなと感じたのは、焼き菓子とケーキという2アイテムを嬉しそうに注文して一人で頬張っている女子が何人かいたこと。なぜか2アイテム注文している人が多いんです ^^   ケーキも繊細を極めたフランス風。今オンラインでメニューをチェックしたら店内でケーキを食べると1個7ポンド以上するのですね。これに焼き菓子と飲み物を付けると20ポンド弱。なんと優雅なベーキング・ミールでしょう♪

焼き菓子やケーキ以外にも、スープやパイ、サンドイッチなどアンセル・マジックを感じられるハイクオリティ・メニューが並んでいます。一つだけ気になったのは、店の雰囲気全体がニューヨークや東京のドミニク・アンセルとはまったく異なるカジュアル路線であること。カジュアルでも上手に雰囲気作りってできると思うのですが、この店にはスペシャル感があまりない。ちょっと特別な感じがするのは左手奥にあるテラス席だけです。ちょっともったいない気がしますが、これも長居されることを避けるための作戦なのかな?  ともあれお味のほうは超一流。焼き菓子/ケーキ好き人間なら一度はお試しあれ。

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

17-21 Ellizabeth Street, London SW1W 9RP

店名Dominique Ansel Bakery
最寄り駅Victoria
住所17-21 Ellizabeth Street, London SW1W 9RP
電話番号020 7324 7705
営業時間月〜土 8:00 – 20:00 日 9:00 – 20:00
URLhttp://dominiqueansellondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す