パンが生きてる♪ 美人店主が奮闘する日本のパン屋さん

0

th_Happy Sky Bakery_banner

Happy Sky Bakery  ハッピー・スカイ・ベーカリー

本日は西ロンドンの皆さんが羨ましくなる、極上の日本のパン屋さんをご紹介♪  Shepherd’s BushとActonの中間あたりに2015年にオープンしているハッピー・スカイ・ベーカリーです。

町のハイストリートに面した小さな店舗は、ともすれば見逃してしまう日本人サイズ^^  だけど一歩中に入ると隅々まで楽しげな空気がゆき渡り、うれしそうな顔をした日本のパンたちがホクホクと並ぶベーカリー天国なのだとわかります♪

ハッピー・スカイ! 店名にイギリスへの想いが込められているような気がしますw

ハッピー・スカイ! 店名にイギリスへの想いが込められているような気がしますw

小さな店内ですが、イートイン・スペースはたくさんあります!

小さな店内ですが、イートイン・スペースはたくさんあります!

2015年のオープンと言っても、じつはブランド自体は2008年の設立。オーナーであり、これら素晴らしいパンの生みの親であるパン職人さんは、日本人の樋田もとこさん。もともと制作会社やアパレル業界のPRやマーケティングの世界でバリバリと働いていた経歴のある方ですが、出産を控えてパートナーのいるロンドンにきた後に始めたビジネスが、ベーカリーでした。ベーカリー・ビジネスそのものは、2007年からのスタート。

もとこさんは子供の頃からパン好きのご両親を手伝って、パンを作っていたそうなのです。「ご飯を炊くようにパンを焼いていた家」に育ったもとこさんが、そのスキルをここまで開花されるに至った経緯は、こちらのコスモポリタンのインタビュー記事で。バイタリティとパンへの情熱に感動します!

もとこさん、雑誌にも折に触れて紹介されます♪

もとこさん、雑誌にも折に触れて紹介されます♪

ハッピー・スカイのモットーは、「子どもの離乳食にも使えるくらい安心のパン作り」。添加物を一切使わない代わりに、朝一番で新鮮な材料を使って仕込み、焼きたてを提供していくというこだわり。材料は小麦粉、卵、ミルク、バター、イーストだけ。シグニチャーのあんパンは毎日、有機小豆をル・クルーゼでコトコトと煮込んで自家製のあんこを作っているそうです ^^

何はともあれ、元気いっぱいのパンたちをご覧あれ♡

左上から時計回りに:チキンカツ&チーズ・サンド、

左上から時計回りに:チーズ・ソーセージ、チキンカツ&チーズ・サンド、照り焼きチキン・パン

左から時計回りに:もち、枝豆チーズ、オレオ・クリーム・パン

左から時計回りに:おもちのパン、枝豆チーズ、オレオ・カスタード

可愛いアップル・パン!

ふっくら可愛いアップル・パン! 右はつい数ヵ月前にTimeout誌で紹介された記事。

左上

カスタード・クリームパンやチョコ・コロネまで!

この日はランチを兼ねて友人1名と訪れたのですが・・・結局2人で7個のパンをペロリと平らげました^^;  しかも「もっとイケる!」と思ってしまったほど。店内でいただく旨を告げると、惣菜パンならオーブンで温めなおしてくれます^^  何種類もある日本のお茶から好みのものを選んだら・・・いざ!

ハッピー・スカイのロゴは「赤ちゃんの離乳食にも安心」という意味を込めて

私たちのランチ!! ハッピー・スカイのロゴは「赤ちゃんの離乳食にも安心」という意味を込めて哺乳瓶と子どもたちがデザインされています ^^

まず感動したのは、チキンカツのクロワッサン・サンド。チキンカツが本当にジューシーで柔らかく、日本のとんかつソースが良いアクセントになって「サンドイッチのフィリング」にしておくには惜しいほどの美味しさ! さらに友人がいの一番にトレイに載せていた焼きそばパンも少しもらったのですが、香ばしく焼きあがったパンと、ほんのり甘い焼きそばが素敵なマリアージュを奏で、決して焼きそばパンのファンでない私でも思わず「美味しい♡」と目がハートになってしまったほど。

また枝豆チーズ、ハム&エッグ、どちらも負けず劣らずの美味しさでした。とくにハム&エッグはマヨネーズの味がシャシャリ出た日本のチェーン・ベーカリーの商品とは一線を画し、卵のナチュラルな風味を感じられる逸品でした ^^

私は日本にいた頃から自他ともに認めるパン食いで、東京の美味しいと言われるパン屋さんも試しに試したパン好きですが、添加物を使わないこと、パンの製法にこだわること、パン以外のフィリング作りにも徹底してこだわること、そして愛情を持ってパンに向き合うことで、いわゆる日本の街角のパン屋さんで見かけるクラシックな庶民のおやつの味が、これだけ変わってくるんだと改めて実感した次第。パン作り、本当に奥深いですね^^

3時近くなると

水〜土まで、朝早くから営業中!

この後、私たちは抹茶クリーム・パン、あんパンをデザートとしていただきましたw 抹茶クリーム・パンは写真をウェブサイトで見たときから絶対に食べたいと思っていた商品で、期待通り甘さ控えめで、しっかりと抹茶の味が感じられる極上クリームでした ^^   そしてあんパンは・・・私はここでいただいた後、もう1個を持ち帰りにして冷凍し、後日のトリートとしていただきました♡

菓子パンのレパートリーは色々あるようで、定番品以外は日によって登場する顔ぶれが違うようです。訪れた日に好きなパンがあると良いですね〜♪  菓子パンのリストはこちら♪
https://www.happyskylondon.com/sweet-bread-菓子パン/sweet-bread-list-菓子パンリスト/

また食パンも評判みたいなので、今度は食パンをお持ち帰りにしたいです。

さて、こちらがハッピー・スカイの噂のあんパン♡

th_Happy Sky Bakery_10

細心の注意を払って解凍したw あんパン♡ めちゃ美味しかったです

あんパン評論家の私としては(笑)10点満点中10点!  まず、粒あんが絶品。「甘さ控えめで上品」などというありきたりの形容が霞んでしまうほど洗練されています。材料は小豆と砂糖だけのはずなのに、かすかだけどマロングラッセのような芳醇な香りさえするんですよね・・・。そして、この極上あんこが隅々までゆきとどいていること。これは得点高いです。パン自体が美味しいことは言わずもがな。これはロンドン在住者にとっては最高のトリートですね^^

「本当はパンだけ作っていたい」という職人のもとこさん。パン屋さんとして経営することは大変だと思いますが、これからも私たちをハッピーにするパン作り、応援しています!

94 Askew Road, London W12 9BL

店名Happy Sky Bakery
最寄り駅Goldhawk Road / Stamford Brook / Shepherd’s Bush
住所94 Askew Road, London W12 9BL
電話番号020 3490 1486
営業時間水〜土 7:00 – 15:00
URLhttps://www.happyskylondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す