週末ブランチにぴったり、タルト三昧♪

0

Tart  East Dulwich  タルト イースト・ダリッジ

クラッパム・コモンの1号店に続き、昨年冬に2号店がオープンしたのはお洒落なイースト・ダリッジ。店名通りタルト専門店なのですが、まずお店に入って目に飛び込んで来るのがレトロなデコレーションと溶け合う「David Greig」の文字。そこからこのショップがイギリス人の得意とする古い建物を再利用した店だとわかります。

インテリアに注目!

このデイヴィッド・グレイグという名前、おそらくネイティブのイギリス人なら誰でも知っているのかもしれませんが、私は今回リサーチをしてみるまで知りませんでした。その昔、スーパーマーケットのセインズベリーの競合相手として一斉を風靡したスーパーチェーンだったそうですよ。ご存知でしたか?

ウィキペディアによるとデイヴィッド・グレイグは1870年頃に創業し、家族経営で北ロンドンのホーンジーにオープン。その後、南ロンドンのブリクストンに2号店を出し、1960年代までに南イングランドを中心に220店舗ほど展開していたということなので、相当手広いビジネスだったようです。それが家族経営相続税などの問題で競合スーパーに買収されるなどして姿を消していったようです・・・。このタルトのお店が入る建物は、歴史保護建造物のグレードII に指定されているそう^^  通りできれいに保存されているはずです。

壁タイルがとても雰囲気があって良いのです♪

というわけで歴史と情緒たっぷりの建物を再利用しているイースト・ダリッジのTartですが、その奥には光あふれるモダンなコンサバトリーがあり、こちらのスペースも地元の人々にはかなり人気のようなのです。

一方、フロント・スペースを抜けて奥へ行くと・・・

 

明るいコンサーバトリー が!  右は友人が選んだロースト・ベジタブルのタルト。お味はカリフラワーよりもこちらの方がよかったと思います ^^

食事系のタルトは常時6種類あり、ヴィーガン、ベジタリアンからフィッシュ・パイ、ミートを使ったものまで姿美しくベイクされています。単体をイートインすると6〜7ポンド、サラダ2種を添えると10ポンドちょっとなので、サラダ付きの方がお得感がありますね^^

こちらはカリフラワーのタルト。イートインの場合はオーブンで温め直してくれるのですが、表面が焦げ焦げになる可能性大なので、「焦げすぎないのが好き」と伝える必要があるかも ^^;  写真は2度目のものですが、やっぱり焦げちゃってます。イギリス人たちは焦げが美味しいと思っている節もあるのであくまで主張が大切ですw

 

 

お洒落なLordship Lane沿いにはたくさんのカフェがあって迷っちゃいますが、満足度の高い軽食をお探しなら、ぜひ♡

65 Lordship Lane, London SE22 8EP

店名Tart East Dulwich
最寄り駅East Dulwich
住所65 Lordship Lane, London SE22 8EP
電話番号020 8299 4989
営業時間月〜土 9:00 – 17:00 日・祝 10:00 – 17:00(カード支払いのみ)
URLhttps://www.tartlondon.com/tart-east-dulwich
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply