オージーを楽しむコージー・カフェ・バー

0

Lantana Shoreditch ランタナ ショーディッチ店

グッジ・ストリート駅の近くにある小さな通り、シャーロット・プレイスに店を構えるオーストラリアン・カフェ・バー「ランタナ」が、その実力を証明すべくロンドンのコーヒーハウス激戦区、東ロンドンに進出したのが2012年4月のこと。オールド・ストリート駅ランナバウトすぐ。

オーストラリアの生態を描いた線画がいい

オーストラリアの生態を描いた線画がいい。広い外スペースも人気!

とても小さな本店に比べ、その数倍はあるダイニング空間を北欧風家具ですっきりコンテンポラリーにまとめた2号店は、ゆったりとした時間を過ごせるのが好印象。手前にはテイクアウェイ専門スペース、奥にはバーやレストラン・スペースがあります。

ここは美味しいコーヒーだけでなく、オージー流のバラエティに富んだ素材をユニークに組み合わせた軽食が自慢。メイプル風味のフレンチ・トーストにベーコンとグリルしたバナナを添えた一品や、野菜や豆を添えた卵のベイクなどはオージー風朝食の定番。ランチにはカリカリに焼いたベーコンやロケット菜、ロースト・トマトを添えたトウモロコシのフリッターはいかが?

コーン・フリッターはグレンジャー&Coのものには負けるかも・・・

コーン・フリッターはグレンジャー&Coのものには負けるかも・・・

オージー・メニューとして忘れてならないのが、温かくトーストしてサーブされるバナナ・ブレッド♪ 2つのスライスにマスカルポーネ・クリームやリコッタ・チーズとハチミツなどを添えられたボリューミーな一品は、甘党の週末ブランチにも最適です☆

手前のカフェ・スペースでのコーヒー・タイムも乙です☆

手前のカフェ・スペースでのコーヒー・タイムも乙です☆

夜にはカフェ・バーに早変わり。火曜日から金曜日までは夜11時までオープンしてシンプルなディナー・メニューも用意しているので、グラスワインやカクテルを片手に会社帰りのリラクゼーション・タイムをお洒落に過ごせそう♪ ショーディッチとは言え、実はMoorgateのFinsbury Squareからも徒歩5分程度なので、シティー・ワーカーにもおすすめです。

入り口左手にあるテイクアウェイ・バー

入り口左手にあるテイクアウェイ・バー

1 Oliver’s Yard, 55 City Road, London EC1Y 1HQ

店名Lantana Shoreditch
最寄り駅Old Street
住所1 Oliver’s Yard, 55 City Road, London EC1Y 1HQ
電話番号020 7253 5273
営業時間月 7:30 - 16:00 火〜金 7:30 - 23:00 土・日 9:00 - 16:00
URLhttp://www.salvationjanecafe.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す