オスカー・ワイルドのデカダンをプレートにのせて

0

th_Cafe Loscar_banner

CaféLoscar  カフェ・オスカー

ロンドン最新の五つ星ホテル、オスカー・ロンドンが誕生したのはほんの数ヵ月前。ホルボーン駅すぐそばという好立地に立つ1903年建造のアーツ&クラフツ建築を、6年かけて絢爛豪華によみがえらせたのは世界を股にかけて活動するホテル事業家のダンカン・シェイクシャフトさん。今回の物件は、そのコンセプトが異質です。

オスカー・ワイルド的なデカダンスを愛する彼は、この手のインテリアを得意とするフランス人デザイナーを招聘し、「劇場型ホテル」と言っても過言ではない非日常的な世界を作り上げたんですね。随所に鳥や孔雀のモチーフをちりばめ、全体を通してパープル、ブラック、ゴールドといったカラー・スキームで仄暗く耽美的な空間を創り上げているのですが・・・その詳細については児島みゆきさんの素敵なホテル・レポートをご一読ください! ホテル記事はこちら → http://www.absolute-london.co.uk/travel/hotel/23230

美しいバブティスト教会だった建物を改装した豪華ホテル!

美しいバブティスト教会だった建物を改装した豪華ホテル!

私もみゆきさんの視察にくっついて行ったのでw、帰りに二人でホテル内レストランで軽くランチをしてみた様子をレポートします^^

ホテルのキッチンは星一つを獲得しているAnglerで成功をおさめたトニー・フレミングさんが率いていて、2つのダイニングがあります。一つはThe Baptist。元バプティスト教会という特徴ある構造を美しく利用した高級レストランです。そしてもう一つが1階フロントにある、よりカジュアルなCaféL’oscar。お値段も手頃でロケーションも最高なので、ちょっと落ち着いてお茶をしたり軽くワインとおつまみで楽しんだりするのに重宝しそうな店なのです。

フレンチな雰囲気のカフェ・レストランです

20世紀初頭のラグジュアリーに今世紀の

季節で変わっていくメニューはフレンチの要素が色濃く、食事の場合は美味しいバゲットがすぐに出てきます。本当に軽食メニューに特化していて、ステーキや魚料理もありますが、オムレツやサンドイッチで長居しても全く問題ない構成。この日は塩鱈とポテトのピューレにズッキーニのウロコを載せて焼いた一品にホテル・コンセプトを反映したかのような個性が光り 、東欧風のサラダも味のバランスが良くて美味しくいただきました♪

ポテトと

半熟卵とポテトのタルタル・ソース・サラダ♪(だったと思う 汗)

佇まいの美しさも特徴☆

佇まいの美しさも特徴☆ ただし現行メニューにはないものと思われます

スタッフの皆さんはみんなフレンドリー!

スタッフの皆さんはみんなフレンドリー!

入口右手にあるゴールドのバーが、このホテルのコンセプトをしっかりと体現していると思いました^^  最近、ナチュラル、シンプル、ラスティック、インダストリアルといったキーワードが主流のインテリアにあって、まさに時代に逆行するかのようなレッド・カーペット風のグラマラスが挑戦的とさえ言えるオスカー・ロンドン。ビビっと来た方は必訪です!

黄金に輝くバー

黄金に輝くバー

L’oscar London, 2-6 Southampton Row, London WC1B 4AA

店名Cafe L’oscar
最寄り駅Holborn
住所L’oscar London, 2-6 Southampton Row, London WC1B 4AA
電話番号020 7405 5555
営業時間毎日 7:00 – 22:00
URLhttps://www.loscar.com/dining/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す