日本の丹精を味わう

0

Sake no Hana  酒の花

セント・ジェームズの一等地に堂々と佇む高級和食のSake no Hana 酒の花。隈研吾さんのインテリア設計でも話題を呼んでいたので一度行ってみたいと思っていたのですが、チャンスが巡ってきました!

エグゼクティブ・シェフの樋渡秀幹(Hiwatashi Hideki)さんは、伝説の京都「菊乃井」で切磋琢磨された和の鉄人。13年にわたる菊乃井経験の中で、料理長としてミシュラン2つ星を獲得された和食マスターでもあります。

樋渡さんが2010年に渡英された理由は、2007年にオープンしたSake no Hanaの厨房を立て直すためでした。ロンドナーの心を読むかのように自在にトレンディ店を生み出すレストラン事業家、アラン・ヤウさんの確かな目がきっと、本物の和食を提供するには本物の和食シェフが不可欠であると判断し、樋渡さん獲得に動いたのだと思います。副料理長からスタートし、すぐに料理長へと昇格。現在は彼がエグゼクティブ・シェフとして全体の料理監修されているおかげで、私たちはいつ来ても季節の移り変わり、和の心を感じることができます^^

このドアを入って、エスカレーターで上へゆくと・・・和建築で定評ある隈研吾さん面目躍如の空間が♡

これは一見の価値あるインテリア。夜も素敵そう・・・

和食屋さんにお昼に来たら、やはり弁当ボックスですよね! 高級店とはいえ、お弁当は35ポンドからで、肉や魚の主菜、お寿司、刺身、サラダ、汁物がそろい踏みでとってもお得。量の方も申し分なく、正統派のクオリティ和食にお腹も心もほっこり満たされます^^

左は「揚げナスと無花果の胡麻味噌」。揚げ具合もお味も完璧で・・・素晴らしい和の芸術♪

お弁当の主菜は、炭火焼きのハマチかまにしてみました♡うま! 右は日本酒のお試しセット「THE KEIGETSU FLIGHT」。至福の組み合わせ ^^

友人はサーロインの炭火焼きステーキ! ポン酢ソースでいただきます♪

お刺身類も新鮮です♪ 私たちは握りではなく巻きのセットを注文しました

和食には日本酒でしょう♪ ということで、3種の味を試せるテイスティング・セットをお願いしてみました。名前は「SAKE FLIGHT」! ネーミングもイカしてます^^  お酒のエキスパートの友人が選んでくれたのは、中でも「THE KEIGETSU FLIGHT」と名付けられた土佐の桂月さんのお酒セレクション。にごり、純米山廃、純米大吟醸と試せるので、日本酒をあまり知らない方でもその違いがわかるセレクションになっています。

この日、気づいたことがあります。私は濁りや生酒が好きで日本ではよく飲むのですが、食事にはやはり、どっしりとした純米酒がよく合うということ。そして純米大吟醸のようなふくらみのある芳醇な香りを楽しめるお酒は、食事の前後にじっくり味わいたいなということです ^^  濁りはいつでもいけますけどねw

中心部の喧騒を逃れ、凛とした空気が流れる和空間でいただく本格和食。やはり最高です ^^

23 St James’s Street, London SW1A 1HA

店名Sake no Hana
最寄り駅Green Park / Piccadilly Circus
住所23 St James’s Street, London SW1A 1HA
電話番号020 7925 8988
営業時間月〜木 12:00 – 15:00 / 18:00 - 22:00 金・土 12:00 – 15:30 / 17:30 – 22:30 日 12:00 – 16:00
URLhttps://sakenohana.com/london/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply