アンティークに埋もれる時間

0

th_BrunswickHouse_banner

Brunswick House  ブランズウィック・ハウス

古きものに対するイギリス人の熱烈な愛情が感じられるカフェ・レストランがテムズ川南岸のVauxhall駅近くにあります。アンティークやヴィンテージ、サルベージ、インダストリアル商材などを幅広く扱う会社「Lassco」(ラスコ)の経営と聞いて、大きく納得。

建築資材寄りのアンティークを数多く展示しているので興味ある方はショッピングと食事を合わせて半日は過ごせそう

建築資材寄りのアンティークを数多く展示しているので興味ある方は
ショッピングと食事を合わせて半日は過ごせそう

この18世紀に建てられたジョージア王朝時代のマンション・ハウスの背景には近代的なビル群が立ち並んでいてとても面白い対照をなしているので、近くを通られたらぜひご覧になってみてください☆ 入り口は二つあり、一つはアンティーク・ショップへ、一つはこのカフェ・レストランに続いていますが、もちろん中でつながっているのでご安心を。

天井が高いのとインテリアが素敵なのとで、カフェ・バーの雰囲気はかなりグッド

天井が高いのとインテリアが素敵なのとで、カフェ・バーの雰囲気はかなりグッド

その昔、ブランズウィック公の屋敷だったというレンガ造りの大きなマンション・ハウスにLasscoが入って来たのは2005年のこと。商品を陳列するショールーム兼ショップとしてだけでなく、レストランやカフェ・バー、ファンクション・ルームなどを備えた利用価値の高い建物に大改装し、今ではヴォクソールの名物的な存在に。イベント会場、パーティー会場として利用するご近所も多いようです。このLassco、数年前にはバーモンジーのモルトビー・ストリート・マーケットに支店を出したので、ヴィンテージ好きの若い世代にはそちらのほうが有名かもしれません。

ダイニングはシャビー・クラシック、という言い方が合いそうなインテリア

ダイニングはシャビー・クラシック、という言い方が合いそうなインテリア

レストラン入ってすぐのカフェ・バーでは飲み物やスナックを、奥にあるダイニングでは本格的な食事を楽しめる構造。天井からいくつも吊り下がるキラキラのシャンデリアやクラシックな彫像が配置されたダイニングでは、なかなかのゴージャス気分を味わえます♪   大人数グループもしっかり受け入れられるキャパも頼もしい。

アラカルトだとメインはこの量で17〜18ポンドくらい

アラカルトだとメインはこの量で17〜18ポンドくらい。アンチョビ風味のポテトが激ウマ☆

肝心のお食事ですが、味は概していいです。モダン仕様の料理は食のトレンドをそつなく抑えていて、食材の組み合わせも調理法も間違いがない。デザートも美味しい。ただ平日ランチと夕方プレ・シアターはセット・メニューがあってお得感があるのですが、アラカルト・メニューから選ぶディナーや週末は、メイン・ディッシュの量が若干少なめなので割高に感じることもあるかも。平日ランチか6〜7時のセット・メニューが狙い目なのかも ^^

デザートも美味しい♪  アラカルトだと3コースで30ポンド強、セット・メニューだと3コースで19ポンド。内容は見てないけど、そっちも試してみる価値あり

デザートも美味しい♪ アラカルトだと3コースで30ポンド強、セット・メニューだと3コースで19ポンド。
内容は見てないけど、そっちも試してみる価値あり

テムズ川沿いの散歩を楽しみがてら、アンティーク見学と食事で二度美味しい思いができるお店です☆

30 Wansworth Road, London SW8 2LG

店名Brunswick House
最寄り駅Vauxhall
住所30 Wansworth Road, London SW8 2LG
電話番号020 7720 2926
営業時間月〜金 9:00 – 00:00 土 10:00 – 00:00 日・祝 10:00 – 17:00
URLhttp://www.brunswickhouse.co
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す