ウェストエンドの「できる!」ガストロパブ

0

th_Great Queen ST_banner

Great Queen Street   グレート・クイーン・ストリート

「むむ。で、できる!」と心底思えるガストロパブに、ロンドン中心部で、とくにウェストエンドで出会うことは稀ではあるのですが・・・先日、ずっと前から行ってみたかったコベント・ガーデンにあるGreat Queen Streetを訪れたらこれがすごかった! ウェストエンド、いえいえ、ロンドン・ゾーン2内でも一、二を争うガストロパブなんじゃないかと思えてしまうくらい、美味しくて素敵なパブ・レストランだったのです♪

不覚にもデジカメの電池切れで携帯写真です・・・! クオリティに難ありですがお許しを。

不覚にもデジカメの電池切れで携帯写真です・・・! クオリティに難ありですがお許しを。

ロケーションはコベント・ガーデンとホルボーンを結ぶGreat Queen Street沿い。これまで何度か直前予約しようと試みて取れなかったという経緯があり、今回はかなり前から予約して、満を持してのご来店〜。2007年にオープンしているので、もう10年近く営業していることになります。

もっとぎゅうぎゅうに混雑しているパブだと想像していたのですが、意外にテーブルの間隔が広々ととられていて、レストランのようにゆったりとした気分で食事ができたのがかなりの高得点でした(テーブルが少ないのも予約を困難にしている)。予約なしでポップインしても、2名までならカウンター席に座れる可能性あり。

メニューは日替わりなので、いろいろ試してみてね☆

メニューは日替わりなので、いろいろ試してみてね☆

メニューは日替わりで、ブリティッシュなパブ・フードにインターナショナルなモダン・ツイストをきかせた・・・というお決まりの感じではあるのですが、シェフの技量とセンスがとびきり高いとみえて、その仕上がりが素晴らしかった ^^ スターターにはアンチョビと海老、ステムブロッコリーのサラダ、牛タンとセロリアック、ウェルシュ・レアビット+クルミのピクルスなどを注文。どれも素材の組み合わせや味のバランスが計算され尽くされた品々でしたが、中でも軟らかく、ある種コンビーフのような食感に仕上げられた牛タンはプロの腕前が感じられるオドロキの一品でございました☆

料理にハズレないと思います♪

料理にハズレないと思います♪

メイン・コースの自家製ソーセージ&レンティル、ロースト・ラム&バターナッツスクアッシュのマッシュ、ひよこ豆のフリッター+ナスとパプリカのトマト・ソースも素晴らしい出来映え。どれも甲乙つけがたく美味しかったのですが、個人的にはひよこ豆フリッターの一皿はこれまで食べたことがない組み合わせで、ベジタリアン用のメイン・コースとしてはとても満足度が高く秀逸だと思いました。

デザートまできっちり作ってありますよ〜 ^^  ラム・レーズンのアイスやブラッド・オレンジ&カンパリのシャーベットも美味しかったです

デザートまできっちり作ってありますよ〜 ^^ ラム・レーズンのアイスやブラッド・オレンジ&カンパリのソルベもグッド

デザートにはリンゴのタルトとアイスクリーム2種を。このリンゴのタルトがまた、タルト生地の完璧な焼き具合からフィリングまで素晴らしかったのです。というわけで、また絶対にリピートしたくなるお店を発見〜♪

Great Queen Street, London WC2B 5AA

店名Great Queen Street
最寄り駅Covent Garden / Holborn
住所Great Queen Street, London WC2B 5AA
電話番号020 7242 0622
営業時間食事 月〜土 12:00 – 14:30 / 17:30 / 22:30 日 13:00 – 16:00(バーは12:00から夜まで通しでオープン)
URLhttp://www.greatqueenstreetrestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す