信頼できる、伝統タパ・パブの優良店

0

th_Norfolk Arms_banner

The Norfolk Arms  ノーフォーク・アームズ

ブルームズベリーで2006年から定着しているガストロパブの一つで、スパニッシュ・タパスで有名な店です。ウワサに違わず美味しいお料理で大満足でした ^^

外観は伝統的なヴィクトリアン・パブといった趣

外観は伝統的なヴィクトリアン・パブといった趣

伝統的なパブで食事をする魅力の一つは、趣あるインテリアに囲まれてイギリスらしいダイニング体験ができること。このノーフォーク・アームズでは、どこかアールデコを思わせるランプやデコレーションが印象的で、ブラックに塗られた支柱や窓枠がきゅっと空間を引き締めていました。

th_Norfolk Arms7

ブリオッシュ・タイプの大きな自家製パンが積まれているのを横目で見ながらカウンターの向こう側まで歩いていくと、ちょうどよい感覚でテーブルが配置されたダイニングが広がっています。迷わず自家製パンを注文すると、ほんのりと甘く美味♪ 軽くないムッチリ・タイプですが料理のお供にもちょうどよかったです。

自家製パン(右下)はもっちり系。アンチョピはおつまみに最高!

自家製パン(右下)はもっちり系。アンチョピのマリネはおつまみに最高!

タコ、トルティーヤ、塩鱈のコロッケ、どれも美味でした☆

タコ、トルティーヤ、塩鱈のコロッケ、どれも美味でした☆

日本人にははずせないタコ料理はマリネしたサラダとチョリソーと一緒にグリルした2種類があり、どちらもタコが柔らかく満足。塩鱈のコロッケの塩加減もよく、伝統のトルティーヤもクリーミーな舌触りで◎

左上から時計回りにブルー・チーズ、クルミ、ハチミツのブルスケッタ、タコとチョリソーのグリル、ババガノッシュ&グリル・ピタ、バッファロー・モッツァレラ&フェンネル

左上から時計回りにブルー・チーズ、クルミ、ハチミツのブルスケッタ、タコとチョリソーのグリル、ババガノッシュ&グリル・ピタ、バッファロー・モッツァレラ&フェンネル

地中海風のスモークしたナスのペースト「ババガノシュ」もクリーミー、ブルー・チーズとクルミ、ハチミツのブルスケッタは、トーストされたパンがブリオッシュ・タイプなので余計に素材がマッチしていて大変美味しかったです ^^

「モダンなひねり」は若干感じられるものの、昨今のロンドンのタパス・バーで食べられるような「超現代風」でもなく、味のバランスや塩加減がちょうどよい塩梅で安心して舌をゆだねられる優秀な伝統タパスという感じです ^^  人気店なので必ず座りたい場合は要予約ですが、ふらりと立ち寄っても2人くらいならどこかに座れるのでは?と思いました。美味しいおつまみとリーズナブルなワイン、伝統のエールが合体した居心地のいいガストロパブです。

ア! ちなみにスターター、メインという感じで食べられるメニューもありますので、そちらも要チェック。

28 Leigh Street, London WC1H 9EP

店名The Norfolk Arms
最寄り駅Kings Cross / Russell Square / Euston
住所28 Leigh Street, London WC1H 9EP
電話番号020 7388 3937
営業時間毎日 11:00 – 23:00 (食事は月〜土 12:00 – 15:00 / 18:30 - 22:00 日 12:00 – 22:00)
URLhttp://www.norfolkarms.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す