メイフェアに華咲くカラフルなデカダン・バー

0

th_Sketch_banner

Sketch The Parlour   スケッチ・ザ・パーラー

昨今のロンドンの飲食店のテーマに、All Day Serviceというのが確実にあると思います。朝から夜までオープンして、朝食、ランチ、アフタヌーン・ティー、ディナー、カクテルにバー・メニュー、全部に対応するのです。パブも昨今では朝食を出す時代ですしね。そんな中でメイフェアにあるSketchは、朝オープンした後、深夜2時までそのときどきでゴージャスに顔を変えるメイフェアらしい深夜バー。アフタヌーン・ティーで利用される方も多いと思いますが、ここは夜も雰囲気抜群です♪

Sketchには他に2つのバーがあるので、この部屋が埋まっていてもあきらめずに聞いてみて。

Sketchには他に2つのバーがあるので、この部屋が埋まっていてもあきらめずに聞いてみて。

嗚呼、何のカクテルだったか忘れちゃった。友人はドライ・マティーニだったと思う

嗚呼、何のカクテルだったか忘れちゃった。連れはドライ・マティーニだったと思う

インテリアはほどよくキッチュにデカダンス。18時になってカーテンが閉じられると、夏時間でも妖しさが増してアフター6のドリンクにおあつらえ向きのリラクゼーション空間に。カクテルはノンアルコール1種を含む厳選の10種を用意し、濃厚なフレーバーでカクテル・ファンたちを愉しませています。
th_Sketch3
アームチェアにゆったり腰掛けてカクテルをなめていると、2002年当時、Momoを大成功させて注目を集めていたレストラン事業家、ムラッド・マズーズ氏と伝説のシェフ、ピエール・ガニェール氏が目指したアップマーケット志向でありながら遊び心あふれるカジュアルさを併せ持った現代レストランとは何か、ということが分かるような気がした。

9 Conduit Street, London W1S 2XG

店名Sketch The Parlour
最寄り駅Oxford Circus
住所9 Conduit Street, London W1S 2XG
電話番号020 7659 4500
営業時間月〜金 8:00 – 2:00 土 10:00 – 2:00 日 10:00 – 12:00(バーは 18:00〜)
URLhttps://sketch.london/venue_Parlour.php?menu=1#gsc.tab=0
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す