クリスマスセーター

0

madamk


映画「ブリジット・ジョーンズの日記」で、 コリン・ファース演じるマークが、トナカイ柄のセーターを着ていたのを見たブリジットが幻滅。というシーンがある。

そう、幻滅した理由はダサイ!とレッテルを貼られているセーターを着ていたから。
しかし、この手のセーターが、最近もてはやされてされている。

th_%ef%bc%91こちらは昨年、クリスマス時期に乗った際のLCCの客室乗務員。

クリスマス時期の昨今 、会社や友達とのパーティーに出かける人だろう、 この類のセーターを着ているのをよく見かける。

そして、スーパーマーケットのスタッフも、お客様サービスとばかりにこのようなセーターを着ている。

先日「このセーターが流行っているわね!」という話となった。

「流行っている。」
確かに。。。

しかし、カッコイイローバーを目指す私としては、なぜか素直に頷けなかった。なんでだろう・・・

そもそも“流行る”という定義とは、
「社会のある時点で、特定の表現形式、製品などがその社会へ浸透・普及していく過程にある状態を表す」
という意味では、確かに「流行っている!」現象があることは事実だ!

うーむ。
私の中では、流行っている。=なんかイイ。と思わせてくれる何かが欲しいようだ。

このセーターは、お祭りのコスチュームの一種で、通常の洋服というカテゴリーに入らない。と私は思う。

例えば、ハロウィンの時は、そのファッションやメイクはその日が過ぎたら終わり。
このセーターもクリスマスを過ぎて着ていたら、かなり恥ずかしいだろう。

th_%ef%bc%92

http://www.tipsyelves.co.uk/より拝借

このようなセーターを販売する1つのサイトを見つけた。
http://www.tipsyelves.co.uk
流行っているせいもあり、また値下げをしたせいか、すべての商品がsold outのようだ。

ある意味、すごい。。。

このサイトの名前のtipsyとは「酔っ払い」という意味合いがあり、 これはそもそもが、ギャグ、ウケ狙いという商品なのだ。

だから、もし誰かが「流行っているファッションだ!」と単純に思って、着ていたら、おそらく何処かで笑い者になってしまうだろう。

そう、そんな皮肉が含まれているのが、気になったのかもしれない。

なんだか少しわかってきたような気がする。。。

ということで、なんとかスーッとしてきた!

皆さま。
お好きなファッションで素敵なXマスをお迎えくださ〜い。

Share.

About Author

カミングス惠子

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。www.style-lab-london.com

コメントを残す