英国クリスマス・マーケット ベスト5

0

titlebanner_best5


ヨーロッパ中が酔っぱらって浮かれ騒ぐフェスティブ・シーズンの到来! シーズン中のムード・メーカーとなる街の花形と言えば、クリスマス・マーケット。ドイツをはじめヨーロッパ各都市のものが有名ですが、イギリス国内だって負けてはいません。エジンバラやバースなど、イギリスが誇る観光地で開催されるムード満点のクリスマス・マーケットで盛り上がりましょう♪ ジャーマン・ソーセージとマルド・ワインを片手に、ほろ酔い気分でベスト5をご紹介 ^^

1. Edinburgh’s Christmas(エジンバラ)

th_1_Edinburgh

「より寒い地域で開催されるクリスマス・マーケットのほうが断然盛り上がる」。この鉄則はイギリスでも同じで、エジンバラのクリスマス・マーケットに勝るものは国内広しといえどもそう多くはない。しかもエジンバラのクリスマス・フェスは毎年その規模を増している模様。うれしいのはドイツの名高い本格マーケットと、スコットランドの特産品がズラリと並ぶストールを同時に味わえること。ジャーマン・ソーセージからグリューワイン、鹿肉バーガーから羊毛の手編み帽子スコットランド民謡まで、ドラマチックなエジンバラ城を背景に繰り広げられるお祭りは飽きのこない充実ぶり。全長60メートルの特設観覧車から眺める美しくライトアップされた街並は壮観。スケート・リンクも設置、また2015年はロイヤル・マイルのイルミネーションが見どころとか。

期間:11月20日〜2016年1月4日
場所:St Andrew Square, East Princes St Gardens, the Royal Mile etc
www.edinburghschristmas.com

 

2. Southbank Centre Winter Market(ロンドン)

th_2_Southbank

ロンドンのクリスマス・シーズンは、西はハイド・パーク、東はヴィクトリア・パークあたりが大賑わいするのだが、毎年恒例のテムズ川沿いマーケットも要注目。ただし今年は「クリスマス・マーケット」という名前ではなくNatWestがスポンサーとなって「ウィンター・フェスティバル」という名のお祭りがすでに開催中! 11月20日から伝統的な木造シャレーが連なる川沿いのウィンター・マーケットがスタート。伝統のフード&ドリンク、ユニークなジュエリーやおなじみスノードームの専門店、手作り石鹸などのギフト類、各種スイーツ、ヨーロッパ中のチーズやブラートブルストまで、ロンドンらしい国際色豊かなラインナップに期待も膨らむ。12月になると周辺会場でさまざまな催しが行われるので、ランチ時間や会社帰りに気軽にGO!

期間:11月20日〜12月24日
場所:Southbank, London
www.southbankcentre.co.uk/whatson/winter-market-1001228

 

3. Chester Victorian Christmas Market(チェスター)

th_3_Chester

街全体をぐるりと城壁に取り囲まれた城郭都市として知られるチェスターは、中世の街並やローマ遺跡が残る観光名所。ここではビクトリア朝時代の建物が美しく保存された街を歩いて観光をめいっぱい楽しみながら、クリスマス・ギフト探しに専念! 良質の木やメタルを使った工芸品やジュエリー、ウール・レザー製品のほか、たくさんの手作りのクリスマス・デコレーション・アイデアが目白押し。名物の焼き栗、地元農産物やチーズ、ジャム類はもちろん、ジンジャーブレッドマンなどを頬張ってクリスマス気分を満喫しよう。11月26日は「クリスマス・ランタン・パレード」、12月10日・17日はお化けやガイコツが練り歩く「ウィンター・ウォッチ・パレード」が開催。

期間:11月19日〜12月20日
場所:Chester Town Hall Square, Chester
www.christmasinchester.com/christmas-market

 

4. Bath Christmas Market(バース)

写真:visitbath.co.uk

写真:visitbath.co.uk

ローマ風呂で知られる貴族の元保養地、バースのテーマはズバリ「クラフト&ゴージャス」。歩くだけでジェーン・オースチン気分に浸れるジョージ王朝時代の街が、12月13日までは150以上もの木造シャレーが出店する豪華クリスマス・マーケット・タウンに早変わり! 食品、工芸品、ファッション、おもちゃ類、すべてにおいて上質の品を入手できるのはバースならでは。ストールはバース修道院周辺の広場を中心に展開され、観光とショッピングを同時にすませることができるのも魅力。温泉を利用したスパ施設「サーメ・バース・スパ」に宿泊できれば最高♪

期間:11月26日〜12月13日
場所:バース市街地
www.bathchristmasmarket.co.uk

 

5. Manchester Christmas Market(マンチェスター)

写真:Mark Waugh

写真:Mark Waugh

バーミンガムに次ぐ英国第3の都市マンチェスターではこの季節、街の各地でクリスマス・マーケットが開催され、街全体がクリスマス一色に。 ヨーロッパ各地から名産品を集めたストールは300を超え、今や世界中から注目を集めるクリスマス・マーケットに成長。クラフト品、ジュエリー、洋服、バッグ、おもちゃ、盆栽からオランダ産チーズやスペンのチョリソーまで、ギフト・アイデアがいっぱい。何が何でもフェスティブ気分を盛り上げたいという方は、マンチェスターへGO

期間:11月14日〜12月21日
場所:Albert Square, Brazennose Street, St Ann’s Square, Exchange Street, New Cathedral Street, The Corn Exchange, Corporation Street
www.christmas-markets.at/canterbury-christmas-markets

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す