英国田舎の青空マーケットと5月の散策

0


GWいかがお過ごしですか? どこにも出かけない休暇や近場で過ごす休暇のことを、最近の造語でステイケーションと言います。今年はおこもり連休だった方も多いかと思いますので、せめて、イギリス旅行気分を味わっていただきましょう。

コッツウォルズのうちの村から車で5分ほどの場所に、エイボン川が流れています。ちなみにシェイクスピアの生誕地ストラトフォード・アポン・エイボンという観光地はご存知ですか?

ここは我が家からは車で30分くらいの町。イギリスには「ストラットフォード」と呼ばれる町が複数あることから、「エイボン川のそばのストラトフォード」と言う意味の呼び名となっています。

もっと詳しくいうと

ストラット(古代ローマ時代の道)

フォード(川越え)

という意味だそう。

余談ですが、イギリスには古代ローマ人が作った道が国中にあり、いまも整備されて道路として使用されています。

さて先週末は、同じエイボン川でも反対の西の方へでかけ、川辺を散歩しました。

そのとき見かけた牛たちが上の動画です。

動物たちは、お陽さまと風を楽しみ草をモグモグ味わっていますね。

 

冬の長いイギリスでは、昔から5月をワクワク待ち望む気持ちが、メイデーのお祭りとなっていたのでしょう。

この連休はメイ・バンクホリデーでした。5月に入り、やっと迎えた春本番。動物たちの赤ちゃんもすくすくと大きくなっています。

お散歩ついでに、コッツウォルズ田舎の村、隣村のマーケットの様子をご紹介しましょう。

青空市は毎週土曜に開催。地元の生産者がお店を開き、ちょっとしたご近所さんとの社交場(?)ともなっています。

とくにロックダウン中は、村のたった一軒しかないお店パブも閉店していましたから、寒い中でもコーヒー片手に立ち話を楽しみにしていた人も多かったのです。

こちらは、何年もリピ買いしている手作りのジャムやマーマレードを売るパムさん。絶品のお味なんですよ。

その品数たるや、季節ごとに豊富なバラエティで、お庭でとれた果物を使ったジャムも色々売ってます。さらに、空き瓶を洗って返すと割引してくれたり、お得意さんとなると優遇されます♪ うちの家族みんなが大ファンでして、息子たちが大学の下宿に戻る前にまとめ買いするくらい。

こちらは、八百屋さん。

地産地消の新鮮な野菜たちも、外国から来た季節外れのものはないから、もちろん品揃えは旬の野菜や果物だけです。

話をしながら「じゃあ、おまけしとくね〜」と気前の良い農家のおかみさん。そんなやり取りも、嬉しいものです。

この日はかれこれ3時間くらい歩いたでしょうか。可憐なりんごの花が咲いているのも見つけましたよ♡

最後は、予定外でしたが、隣町のパブでひと休み。

歩いて暑くなったのでフルーツ入りのピムズNO1という夏の風物詩カクテルで、珍しく昼間から乾杯〜! ロックダウン規制がゆるんで以来、初の外食で、夫とふたりでランチを頂きました。

イギリスもコロナ禍の中のメイ・バンクホリデーの連休でしたが、何気ない日常を愉しむことができました。これまで、あたり前だと思っていたことがそうではなく「有り難い」ことだと再確認できた週末となりました。

見慣れた家の周りも、旅行者になったつもりで歩いてみると、散歩や青空市で非日常を味わえた!

良かった〜〜

ちょっと視点をずらしただけなのに。

皆さんも、ホリデー気分で身の周りを探検してみてはいかが? 大きなイベントはなくても、青空を見上げたら気持ちが大きくなったり、視点が変わったり、意外な発見があるかもしれません♪

帰宅して庭を眺めると、去年は全滅だった藤の花が、今年はよく花を咲かせています。毎年花は咲くけれど、少しずつ変化しているということも、なんだか不思議でもあり、嬉しくもあります。

何より、太陽と水と土に感謝。

それでは、引き続き新緑の爽やかな季節をお楽しみくださいね!

Share.

About Author

ヨガセラピスト、アーユルヴェーダヘルスコーチ。がんフレンズネットワーク主宰。神奈川県逗子市の海辺育ち。2013年から英国ロンドンとコッツウォルズの田舎でのデュアルライフを実践。皆さんが「今・ここ、この季節のじぶん」に必要なセルフケアを選んで実践できるように、身体からのアプローチで習慣を変えるコーチングを得意とする。身体も心もアイデンティティも進化させるオンライン講座、メルマガやブログ記事を英国から発信中。大好きなものは、野草摘み(Foraging)、手作りスキンケア、海、オペラ。 インスタグラム:@mariko.yoga

ウェブサイト ブログ

Leave A Reply