田舎タイ料理がUKベスト、あの炭火コンロが帰ってきた

0

Kiln  キルン

ロックダウンが厳しかったあいだ静まり返っていたSohoも、ようやく活気づいてきました。持ち帰りやデリバリーに対応せずにギリギリまで閉まっていたお店も再オープン。Sohoの伝説的なモダン・タイ料理のKilnも、やっとです。

1階のオープン・キッチンで全ての料理をこしらえていくKilnは、タイ伝統の炭火コンロで調理する本格スタイルがエンターテインメント性の高さと味の良さで大評判となり、2016年にオープンしてから2年後に「英国ベスト・レストラン」アワードを受賞してしまいました。イギリス国内レストランの「ベスト」が現代風タイ料理? それはもう、大変な話題になりました。

行列覚悟の人気店! でも今は予約をとる方が無難です

レストランというのは、総合芸術なんだと思います。味が第一にあり、プレゼンテーション、ホスピタリティ、お店のインテリアや雰囲気、客層、そしてシェフやオーナーの人柄や哲学まで、全部がカウントされます。

Kilnはもともと元気のいい男性チームがプロデュースするタイBBQで大人気のSmoking Goatから枝分かれしてきたレストランなので、すでに顧客が付いていたといえばそうなのですが、レストラン賞を審査するようなイギリス人はこういった旅情をそそる設定に弱いということもあり^^  味は大前提ですが、厨房のあり方も大変アピールしたことは間違いありません。もちろん、チームのタイ料理へのパッションがそこに立ち現れているからなのですが。

右下の写真が活気ある1階の様子。一度この長いカウンターの一画にいつか座ってみたいな〜 左は地下の小さなダイニング・スペース。

クレイポットに入った春雨ポットはマスト! 左上に見えているのは串で焼いてくれるラム肉。これも名物です。

柔らかジューシー、皮がパリパリのチキンの炭火焼、フィッシュ・カレーも名物です。

キノコ・サラダはドレッシングの美味しさと食材の新鮮さがポイント。こういうちょっとした料理の質も「UKベスト」に寄与しているんだろうなぁ・・・

Kilnでいただきたいのは、まずはタイ屋台を彷彿させるラム肉の焼き鳥風、クレイポットに入ったグラスヌードル、フィッシュ・カレーなど。カレー・ソースはタイ料理によくあるココナッツ・ミルクで仕上げるタイプではなく、あん肝でコクをつけたりと、独自の工夫が見られるシグニチャーです。

こちらはお店の公式サイトから。右下の方が伝説のシェフだと思います。

厨房エンターテインメントが醍醐味のKilnでは、ゆえに1階カウンター席が特等席なのですが、ここを確保するのはとても大変。時にお店の外に行列ができていることもあります。グループで予約すると地下スペースに案内されますが、こちらもこぢんまりと居心地良よく、リーズナブルで気取らないタイ料理をつつきながら会話をするのにぴったり♪  ただ人気店なので食事時間が短くなるかもしれないので、そこは悪しからず・・・

ともあれ早く再訪したいレストランの一つです^^

58 Brewer Street, London W1F 9TL

店名Kiln
最寄り駅Piccadilly Circus
住所58 Brewer Street, London W1F 9TL
電話番号
営業時間水〜土 12:00 – 21:00 日 12:00 – 18:00
URLhttps://kilnsoho.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

ウェブサイト

Leave A Reply