境界なきラウンド・スペース作戦

0

Vardo  ヴァード

スローン・スクエア駅近くのデューク・オブ・ヨーク・スクエアは、2017年に誕生している比較的新しい商業施設です。そこに面した大きなコミュニティ広場に、未来の住宅のようにも見える丸い建築物が昨年秋に登場しているのにお気づきでしょうか?

よ〜く目立つとっておきのビルディングに入っているのは、ロンドンにおけるサードウェイブ・コーヒーの重鎮、Caravanグループが新コンセプトで立ち上げたカフェ・レストラン、Vardo。外から見てしまうと、どうしても中でリラックスしている人たちの仲間入りがしたくなる、そんな蠱惑的なお店なのであります^^

広場の奥にポツンと佇む

くるくると曲線を描く店内

まあるいコーナーのガラス張りの窓枠が5つ。どこをどう見ても生きている有機物のような曲線を描くパヴィリオンは店内に入っても真ん中に丸いバーがあり、そこから白い壁が弧を描きながら上に伸びている。その先には木の板を美しく並べたスッキリとした天井があり目を見張ります。テーブル席はバーの周りをぐるりと取り囲むように配置。丸くデザインしたソファ・タイプのテーブル席もあり、どっしり落ち着けそうです。

暑い日は冷たいマテ・ティー!

このテーブル席は落ち着けそう♪

食事はCaravanと同じく、無国籍な折衷料理がメイン。シグニチャーのコーンブレッドとピザはここにもありました^^  キャラバン自慢のサワードゥ・ピザ、初めていただきましたが、バランスが良くとても美味しかった。6種あるピザの中から今回はモッツァレラをベースにしたアンチョビとレッドチリ。スカモルツァをベースにンドゥーヤとコンフィ・ガーリックをトッピングしたものは次回のお楽しみに♪

名物コーンブレッド!  唐辛子バターと一緒に。

テンダーステム・ブロッコリーとスイートポテト、ブラック・ビーンズをスパイシーなソースで♪

アンチョビとレッドオニオン、チリ。グッド・コンビネーション!

外スペースが貴重な今、ルーフ・テラスも開放されているそうです! 建物の裏側に階段があるのですが、もちろん中からもアクセス可能なはず。建物の周りにも外席が設けられているみたいですよ。

Vardoとは19世紀初頭にルーマニアからイギリスに移住してきたジプシーたちが使った馬が引くワゴンのこと。商売道具を運び、そこに住んだそうなので、まさにキャラバンですね。木彫りの装飾を好き好きに施し、アートフルな佇まいのものも多かったとか。『チャーリーとチョコレート工場』で有名な作家のロアルド・ダールは20世紀半ば、自分の子供たちの遊び場としてヴァードを購入し、その後、そこで執筆を行うこともあったそうです ^^

Vardoのテーマは「No boundaries」(境界なし)。国境を越えて自由な暮らしぶりを謳歌したジプシーのように、生き物のような空間は自然に人の意識からリミットを外し、料理のジャンルも国境を越え・・・本当にロンドンらしい、遊び心を刺激されるコンセプトです。カフェでもバーでもいけそうなので、チェルシーでこれは重宝しそう。

9 Duke of York Square, London SW3 4LY

店名Vardo
最寄り駅Sloane Square
住所9 Duke of York Square, London SW3 4LY
電話番号020 7101 1199
営業時間月・火 9:00 – 22:00 水・木 9:00 –23:00 金 9:00 – 00:00 土 10:00 – 00:00 日 10:00 – 22:00
URLhttps://www.vardorestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply