デリバリーの先駆者が届ける<優雅なフランス飯>

0

La Canteen by Flying Frenchman ラ・キャンティーン・バイ・フライング・フレンチマン

Flying Frenchmanのブランドで展開するフランス人オーナーシェフが意を尽くす、小粋なフレンチ・ビストロ。ロックダウンの現在は持ち帰りとデリバリーに対応してローカルの人々に重宝されていますが、実はここ、昨年春の最初のロックダウン時に、大半のレストランが右往左往する中で、いち早くレストランとしてデリバリー営業に切り替えた先駆者でもあるのです。

ロケーションはイズリントンとハックニーの中間にある高級エリア、ニューイントン・グリーン。ロンドンで今いちばん元気な飲食店が集まるグルメ地区でもあり、ロンドンの他地域からのお客さんも引き寄せているのです。昨年春、ロックダウン1の直前はガーディアン紙の食評論家であるJay Raynerさんも訪れたようですよ。おそらく訪問後にロックダウンになり、すぐさまデリバリー形態に切り替えたLa Canteenの情報も載せています。記事はこちら。ご興味あればぜひ。

グリーンの北側にある、まあるいビルディングが目印。

この店を総指揮するのは、パリ生まれのギヨーム・デミュールさん。両親ともにパリのホスピタリティ業界で成功している、いわば業界を知るサラブレッドですね。若い頃にパリからニュージーランドへと渡り、現地の食肉を使ったシャルキュトリー・ブランドを立ち上げ、15年に渡って営業を続けてドバイにも支店を出したりしたようです。2014年にロンドンに移住。同様に別ブランド名で立ち上げた食肉ブランドを、現在も継続営業しています。肉の専門家なのですね!

そして2017年、ついにフラッグシップとなるレストラン、Frying Frenchmanを創業!  食肉産業をよく知る者、そして自らのフレンチ・ルーツを基礎としたとてもカジュアルな名店と言っていいと思います^^

天井が高くて開放的!

こちらは詰め物をしたペキーロ・ペッパー、少しローストしたトマトとオリーブ、豆のサラダ。もちろんクレーム・フレッシェは欠かせません^^

ウッディで落ち着ける店内は天井が高く開放的。思わず「朴訥」という言葉を使ってしまいそうなログハウス風のデコレーションですが、偶然か否か、フランスらしい女性的な美を表すかのようなビルディングの丸い曲線が、ちょっぴり繊細さを感じさせてくれます。

メニューは手書きの黒板ボードのみ。スターター、メインともに4種類くらいから選ぶことができます。ざっと見たところ、テリーヌやブリオッシュを取り入れたサラダ、チキン・レバーなどフレンチな小皿が各6ポンドで並び(これはすごい)、メイン・コースにはコンフィ・ダックやステーキ、パイ料理などお得意のメニューが15ポンド前後で用意されています。全体的に大変リーズナブルで、まさに夕方サクっと立ち寄って小皿とワインでくつろぎの時間を愉しみたいタイプの小粋なビストロ♪   あ、コース仕立てでいただいても、かなりお得だと思います。

自家製ポークとピスタチオのテリーヌ。クラシック!

昨秋のある日、早めの夕方に訪れスターター2種とメイン1種を2名でシェアしたのですが、前菜類はどれもよく練られたレシピで美味しく、堪能しました^^  一つだけ残念だったのは、メインの鴨コンフィが少し塩辛かったこと。鴨コンフィが大好物の身としては残念なマイナス点なのですが・・・他のお料理が全て高レベルに美味しかったので、みなさんには「ここで鴨コンフィは頼まないほうがいい」とだけ、書き留めておきたいと思います^^

鴨コンフィ、塩がきつくて残しちゃった。これは細かく裂いてサラダにアクセントとして入れるとよかろう。

さて、デザートもフランスの香りを楽しませていただきました。バニラ風味の生シュークリーム(プロフィトロール)に、メレンゲをのせた可愛らしい一品!

2人で分けるのがちょうどよかった。ふわりと軽いデザート。

手作りのシュークリームも美味しく、軽くてデザートには最適でした。フレンチ・レストランでこういったクラシックな一皿に出会えると、本当に嬉しくなりますよね。

イギリスのロックダウンは短くても2月半ばまで続くそうなので、お気に入りのレストランをサポートするために、持ち帰りやデリバリーをたまに利用したいな〜と、切実に思う今日この頃です。

11 Albion Road, London N16 9PS

店名La Canteen by Flying Frenchman
最寄り駅Canonbury
住所11 Albion Road, London N16 9PS
電話番号020 7923 9828
営業時間火 17:00 - 22:00 水〜金 12:00 - 22:00 日 12:00 - 21:00
URLhttps://www.flyingfrenchman.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply