最高のピタパンを作るマネージャーさんがいる地中海ビストロ

0


Oren  オレン

またまたマイ・フェイバリット・リストに加わった素敵なお店が、本日ご紹介するOrenです^^

イスラエル出身で、テルアビブをはじめ、パリ、カリフォルニアのキッチンで働いた経験もあるオデッド・オレンさんが、2012年にロンドンに上陸して以来、ロンドナーの流儀を学びながら2019年末、初めて自己出資でオープンした独立店。シンプルで潔い料理の数々はシェフの力量を雄弁に物語っていますし、モダン仕様だけれど田舎のホスピタリティ精神を忘れないサービスに心の方もほだされるクールなレストランでした。

なぜかアール・デコっぽいロゴ。

とってもシンプルなインテリア。

場所は東ロンドンでも一二を争う活力を見せているダルストン。住宅地に佇む小さなお店ですが、ロックダウンの今は持ち帰りやデリバリーでフル稼働しているので、おそらくご近所さんにとっては救世主のような存在なのでは。今日の写真は、小さなスペースの奥の小さなキッチンで、何人ものシェフたちが頑張っているロックダウン3前の様子です。

野菜ピクルスは3ポンドで盛りも良いです。

メニューには地中海風の小皿料理が並び、お値段もかなりリーズナブル。最近、おつまみ部門に「野菜のピクルス」を入れているお店がたくさんあるのですが、半分くらいが酸っぱすぎて完食できない現実があるところ(笑)、Orenは程よいマリネ加減でとても美味しくいただけました。これだけでも高得点w

塩で上手にシメたオイル・サーディン+ピンク・ペッパーコーン、キャベツの炭火焼グリルにたっぷりナッツのロメスコ・ソース、バター・ビーンズ+熟成フェタ・チーズなど、シンプルだけどバランスも仕上げも絶対的に信頼がおけるプロ仕様の面々。

自家製のオイル・サーディン、ヒプシー・キャベツのグリル、ロメスコ・ソース。

人生最高のムチムチなピタパンと、バター・ビーンズ+熟成フェタ。

野菜だけでなくお魚もお肉も美味しいです^^  私たちはカレイをリビア風のベルペッパー入りトマト・ソースでいただく一品、そしてマネージャーさんのおすすめだったエルサレム風のミックス・グリルを・・・

カレイのグリル、そしてエルサレム風ミックス・グリル。

このエルサレム風のミックス・グリルなんですけど、登場したものを見て友人一同驚きの声をあげてしまいました。それは完璧に臭みを抜いて香ばしくグリルした鶏レバーと鶏肉を、特製のタヒーニ・ソース、アンバと呼ばれるマンゴーのピクルス・ソースと一緒に、ピタパンのポケットに入れていただく一品でした。

独特のスパイスが香るのですが・・・

全員が無言でカブリつき、そのジューシーなお肉をムシャムシャと噛み砕き、ソースとのバランスを堪能し、「すごいボリュームだけど全部食べられるかなー」と言いながら結局はすっかり平らげてしてしまうほど日本人には珍しくも美味しい一品だったのでした。

そして食事を通して何度かお代わりしてしまったのが・・自家製のフラット・ブレッド=ピタパンです! はっきり申し上げてこれまで食べたピタパンの中でもナンバーワンの美味しさ&クオリティでした。ムチムチで香ばしくいくらでも食べられる。ソースがなくなっても3人でひたすら食べてましたw

お店の人に聞くと、なんと注文をとってお料理をサーブしてくださったフィリピン人のマネージャーさんその人が毎日作っていらっしゃるとか。これは驚きであったと同時に、最近いくつかオープンしているフィリピン系のパン屋さんに行ってみなくては!と言う気持ちが盛り上がった日でもありました。持ち帰り、デリバリーOKなので皆さんもぜひお試しを。男前の彼女が今も引き続き作ってくれていることを願って・・・♡

素敵なOrenの料理オーダーはこちら♪
https://orenlondon.slerp.com/order

89 Shacklewell Lane, London E8 2EB

店名Oren
最寄り駅Dalston Kingsland / Dalston Junction
住所89 Shacklewell Lane, London E8 2EB
電話番号020 7916 6114
営業時間火〜金 17:00 – 21:00 土12:00 – 21:00
URLhttps://www.orenlondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply