旬ラブなシェフが飛び込んだ、デザイナーズ異空間

0


Native At Browns  ネイティブ・アット・ブラウンズ

屋内飲食がOKとなってホッとしているロンドナーたちではありますが、これからの季節、屋外の魅力的なスペースは引き続き人気だと思います。そんなアウトドア派の皆さんに、今日は最高のスペースをご紹介・・・!

場所はメイフェアのど真ん中。しかも「知る人ぞ知る」と形容しても間違いのない隠れ家ロケーション。ファッションに詳しい方ならよくご存知、あのBrownsの新ブティック・ビルの中庭なんです。

Brownsの新ブティックはBrook Street 沿いです!

この入り口から入っていくと・・・右のような空間が♡

Browns はハイファッションを追っている皆さんには聖地のようなセレクト・ショップですよね。今ではファーフェッチの傘下になっちゃいましたけど、1970年の創業当時から20年ほどはジョン・ガリアーノやアレクサンダー・マックイーンといったセントラル・セント・マーチンズ出身の若手デザイナーを学生時代から目をつけて育てていったことで有名です。

そのブラウンズが、今年5月になってその半世紀の歴史の中で初めてメイフェア内で引越しをしました。Nativeの新しいスペースとなっているのは、そのブラウンズの1階の一部とコートヤード! グレート・ファッション・ミーツ・ファイン・ブリティッシュ・キュイジーヌ♪ 訪れた時間にもよると思いますが、コートヤードを利用したダイニング空間が隅々まで美しくデザインされていて、本当に本当に素敵だったのです。

完璧にデザインされた空間。色合いがとっても素敵でした

レストランとしてのNativeについては、こちらの記事をご覧ください。ロンドン・ブリッジからの移転です。シェフはBBCの看板料理番組、Great British Chefにも出演するほどの腕前を誇るアイヴァン・ティスダール=ドーネスさん。旬とサステナビリティにこだわりつつ、繊細な料理を構築する素晴らしい才能です。



さ、このコートヤードですが・・・特別な空気感がありました。

ロンドン中心部にありながら、四方をビルで囲まれているせいか、あるいはメイフェアでもこの一帯がとても静かであるためか、しっとりとした静謐な時間が流れています。人の少ない時間なら、真にご褒美的な時間を過ごすことができるでしょう。私はちょうど17:30に一番乗りで訪れ、誰もいない楽園タイムを堪能しました。

周囲の緑を反映させるためか、樹々のグリーンをイメージしたガラス製のテーブル・トップで統一されていて、ため息が出ます。現に周囲の樹木のシルエットも取り込み、秀逸なデザインだなーと、お料理もさることながら空間の素晴らしさに没入することに忙しいディナー・タイムでした^^

ポテト入り発酵生地のワッフル+オニオン&マッシュルーム・パフェ。

また絶対に食べたい一品! オニオンの甘さとマッシュルームのコクが融合。すごく美味しかったです

食事ですが味も大変良く、私が今までいただいたNativeのお料理と寸分の違いもない研ぎ澄まされた品々でしたよ。量はさほど多くないのですが、一つひとつのお値段も飛び抜けて高いわけではありません。ワインのボトルはいいものを揃えているようですが、こちらが少しお高め(ハウスが30ポンド台です)。

右はフィッシュ・フィレのミニバーガー。一人1個でも。私たちは1個をシェアしました。美味しい! 左はナットボーン農場のオーガニックトマトとケント産フェタチーズのサラダ。

黒紫のチューリップは今年のトレンドなのかも。ロンドン市内の至るところで見かけます。

マトンとグレインの一品。本当に美味しく仕上げています。見た目も美しい。

左はDashiスープのムール貝。スモークティーとの組み合わせ。さっぱり美味しかったです^^

オススメの利用法としては、ビールやグラス・ワインでサクッと軽い飲み+おつまみで立ち寄り、リフレッシュしてまたショッピングに戻っていくという感じでしょうか。もちろん、ワインをボトルで楽しみながらゆっくり食事をすることも可能です^^

おそらくまださほど知られていないと思うので、ウォークインも試してみてください(予約時には一人10ポンドのデポジットが必要です)。3時とか4時とかも開いているようなので、ティー利用でもいけるのかもしれません。屋内席もすっきりとしたデザインでまとめてありいい感じですが、やはりおすすめは外席。ぜひぜひポップインしてみてください!

実は9月末までのポップアップ契約みたいなので、興味がおありの方は、夏の間にぜひ。うまくいけば、秋以降も Native At Bwornsを楽しめるかも^^

39 Brook Street, London W1K 4JE

店名Native At Browns
最寄り駅Bond Street / Green Park
住所39 Brook Street, London W1K 4JE
電話番号020 7549 5999
営業時間火〜日 12:30 – 20:30
URLhttps://www.nativerestaurant.co.uk
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply