ごくチェルシー、気ままにキングス・ロード

0

th_Bluebird Cafe and Courtyard_banner

Bluebird Cafe and Courtyard   ブルーバード・カフェ&コートヤード

キングス・ロードのランドマーク的存在「ブルーバード」は、テレンス・コンラン卿が歴史あるガレージを改装してできた複合ビル。1997年の当時からスタイリッシュなレストランやカフェ、コートヤード、デリ・ベーカリー、アパレル・ショップが集合し、「メイド・イン・チェルシー」な人々の日常空間として今も大活躍しています。

最も気軽に立ち寄れるのは入り口右手にあるデリ・ベーカリーで、ここは自家製パンやケーキ、デリ惣菜やワインなどクオリティ食材の宝庫。イートイン・スペースでは気軽にブルーバード流ゴージャスの一端を味わっていただけますが、レストランほど気取らずに、だけど落ちついて軽食を楽しみたいなら入り口左手にあるカフェがおすすめです ^^

ポップな色遣いの明るい店内。外のコートヤードまでメニューは同じ。

ポップな色遣いの明るい店内。外のコートヤードまでメニューは同じ。

ヨーロピアンなメニューはいたってシンプルですが、近隣住民の嗜好に配慮して、かなりヘルシー寄りの構成。ベジタリアンでも楽しめるメニューが充実しているほか、シーフードも多種類を用意しているので健康志向でも飽きがきません。

ヘルシーなチキンとアボカドのオープン・サンドイッチはフォカッチャ・ベースで。

ヘルシーなチキンとアボカドのオープン・サンドイッチはフォカッチャ・ベースで。
素材の良さを感じさせる上等のスナックでした♪

気温にかかわらず大人気のコートヤードや屋外席は、ときに行列ができるほど。カフェの窓際に座って店に出入りする人々やコートヤードで歓談する人たちをウォッチングするだけでも楽しめてしまう、そんなファッショナブルなカフェなのです。

th_Bluebird Cafe and Courtyard3

350 King’s Road, London SW3 5UU

店名Bluebird Cafe and Courtyard
最寄り駅 Sloane Square
住所350 King’s Road, London SW3 5UU
電話番号020 7559 1000
営業時間月〜金 8:00 – 22:30 土・日 9:00 – 22:30
URLhttp://www.bluebird-restaurant.co.uk/menus/cafe-and-courtyard/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す