劇場街の中心で、叩き上げオージー・ラブリーに出会う♪

0

th_Abuelo_banner

Abuelo   アブエロ

コベント・ガーデン・マーケットのすぐ裏手に、見過ごしてしまいそうなキュートなカフェが今年春になってオープンしています。名前はAbueloアブエロ。パッと見の字面とサウンドが日本人に馴染みがないだけに、 私も何度か前を通って気になっていたものの再リサーチに戸惑ったりしていましたが ^^;  ようやく、その素敵な全貌の一端を垣間見ることができました。
th_Abuelo_1

右は奥にあるコーナー・スペース。すごく居心地が良い♡

右は奥にあるコーナー・スペース。すごく居心地が良い♡

基本的に、これがスペースの全部です。

基本的に、これがスペースの全部です。写真手前にコミューナル・テーブルの反対側があるって感じで。

細長く緩いL字型になっている店内に入ると、外から見ていた時よりもさらに好感度がアップ。木の温もりを大切にした家具、ナチュラルな色合いで自然を描いた本物のペインティングで飾られた壁、瑞々しいたくさんの植物、そしてエスニックな風合いを強調する暖かい青磁色のラグやクッション。かなり好みのインテリアだったので、そこにいること自体が喜びになるような体験となりました ^^

ここはオーストラリアとアルゼンチンにルーツを持つオーナーたちが経営するオージー・カフェなのですが、調べてみると飲食業界ではかなりのベテラン・プレーヤーだということがわかりました。どうやら1980年代に始まったオーストラリアにおける現代コーヒー文化を確立した立役者らしいのです。オーナーの1人は、もともと建築デザインが本業で数々のカフェをシドニー・ベースでデザインしていたところ自分たちでも飲食業界に乗り出そうと始めたら大ヒット。一時期は5つの影響力のある人気カフェを経営し、モダン・オーストラリアンの黎明期に貢献したのだとか。またもう1人の共同オーナーはアルゼンチンのペイストリーが専門で、その味をいまのロンドン店でも味わえるようです。

こういったバックグラウンドからお分かりのように、主力はブランチ風の食事。どれもヘルシー感があり、食材もできる限りオーガニックを使っているというから安心です。ベジ、ビーガン、ローフードといった現代的なキーワードとともに、コンフォート、ジョイフル、パワフルといった言葉でも表せそうなメニューはすでに大評判! この日いただいたブランチ/ランチ・メニューも野菜たっぷり、かつカラフルで満足度の高いお皿でした ^^

こちらは「Abuelo bibi」と名付けられたヘルシーなサラダ・ディッシュ。下に見えているブラック・ライスが味の決め手!

こちらは「Abuelo bibi」と名付けられたヘルシーなサラダ・ディッシュ。下に見えているブラック・ライスが味の決め手!

こちらも人気メニュー「Huevos divorciados de Turco」という一品で、アルゼンチンのソース、チミチュリが決め手。塩気は緩やかなので、自分で調整可能。

こちらも人気メニュー「Huevos divorciados de Turco」という一品で、アルゼンチンのソース、チミチュリが決め手。塩気は緩やかなので、自分で調整可能。

カラフルで食欲そそられる♪ その他にもお肉を使ったメニューも面白そうなものが並びます。サラダもいっぱいあるよ!

カラフルで食欲そそられる♪ その他にもお肉を使ったメニューも面白そうなものが並びます。サラダもいっぱいあるよ!

左は連れが頼んだプロセッコ! このグラスが良いです♡ 右はお隣さんが注文していたフレンチ・トースト的な一品を撮らせていただいたw  メニューを見ると「Ricotta brioche」らしい。フレッシュなホワイト・ピーチと、ピーチ・ジャム、ブリオッシュを組み合わせたキケンなブランチ。

左は連れが頼んだプロセッコ! このグラスが良いです♡ 右はお隣さんが注文していたフレンチ・トースト的な一品を撮らせていただいたw メニューを見ると「Ricotta brioche」らしい。フレッシュなホワイト・ピーチと、ピーチ・ジャム、ブリオッシュを組み合わせたキケンなブランチ。

共同オーナーさんには女性が多いということで、インテリア、プレゼンテーションを含め全体的にガーリーなイメージですけれども、お客さんの男女比は半々といったところで、私たちが訪れた日はお一人様男性客も複数が美味しいケーキ&コーヒーを堪能しておられました。

どれにしようかな〜と♪

どれにしようかな〜と♪

ピスタチオのケーキ♡

ピスタチオのケーキ♡  コーヒーカップにもテーマ・カラーを踏襲。

さて、入り口すぐのカウンター上にディスプレイされているケーキ類から逃れるのは、甘いもの好きにはちょっと困難かもしれません ^^ 見た目が可愛く甘さも十分にある伝統ケーキは、ぜひ信頼おける南アメリカ産の豆を使って確かなオージー・テクニックで入れるリッチでスムーズなコーヒーとともに召し上がれ♪ また、カフェでありながらも夜は10時頃までオープン。17:30からメニューが変わり、アルコールと一緒にヘルシーで栄養たっぷりの小皿料理を楽しむことができます。

th_Abuelo_10

ちなみに店名のAbuelo アブエロはスペイン語で「祖父」という意味。こちらもやはりオーナーさんの1人に影響を与えたおじいさんに由来するそうですよ。こぢんまりとした店ですが、食事とコーヒーが美味しい独立系カフェが好きなあなたなら、きっと虜になることでしょう ^^

すぐ向こうにマーケットが見えます

すぐ向こうにマーケットが見えます

26 Southampton Street, London WC2E 7RS

店名Abuelo
最寄り駅Covent Garden
住所26 Southampton Street, London WC2E 7RS
電話番号020 7836 8476
営業時間月〜土 8:00 – 22:00(金・土は22:30まで) 日 9:00 – 21:00
URLhttps://www.abuelocafe.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す