ヤウさんの天晴れトルコ・コネクション

0

th_Babaji_banner

Babaji Pide  ババジュ・ピデ

「ヤウさん、やってくれたな」というのが業界の偽らざる反応。

Wagamama、Yauatcha、Hakkasan、Busaba Eathaiといった人気レストランの生みの親/ブレインとして知られるアラン・ヤウ氏が、2014年のクリスマス前にシアター街の大通り、シャフツベリー・アベニュー沿いに最新レストランをオープンしたのですが、なんと今回のコンセプトはトルコ・ピザ。ロンドンのフード・ジャーナリストたちも直前まで知らなかったようですよ。アジア系レストランで鳴らしてきた氏が、ここへきてトルコ人の奥さんを通じたコネクションを切り札で出してきたな、というふうにも読めますよね ^^

ピカデリー・サーカスすぐそば、シャフツベリー・アベニュー沿いです

ピカデリー・サーカスすぐそば、シャフツベリー・アベニュー沿いです

私もつい最近イスタンブールに行ってきて感じたのですが、あそこには政治だけでなく食に関してもダイナミックなうねりが起こっていますよね。世界を視野に入れたレストラターたちが、次にどこに支店を出せば話題になるかと考える。そんなとき否応なくリストに上がってくるのがイスタンブールだと思います。Babajiのウェブサイトのドメインが「tr」になっているのですが、これはロンドンに一号店を出したけれども、いずれトルコ国内でチェーン展開をしていきたいからなんじゃないかと深読みしたくもなります。

取り皿がトルコっぽい☆

取り皿がトルコっぽい☆

さて、当店は2フロアに分かれていて、1階はバーとトルコ・ピザ「ピデ」を焼くための大きな窯、作業台が半分を占めるカジュアル・レストランの趣。2階はもっとゆっくりモダン・トルコ料理を楽しめそうなスマートなダイニング・スペースになっています。

トルコ人のピデ職人のお兄さんがかわいい♪

トルコ人のピデ職人のお兄さんがかわいい♪ 1枚8ポンド前後

ピデはトルコの地方によって形が変わるそうなのですが、イスタンブールは船型で端に折り返しがあるタイプ。ただ伝統的なイスタンブールのピデはもっと生地が厚いと思うのですが、ヤウさんのピデはさすが21世紀のそれ、ローマのピザと同じようなクリスピーな軽い食感が特徴でした。ピデは全部で10種くらいあって、ミートだけでなくベジタリアン・ピデも充実しています♪ しかも食べやすくカットしてサーブされる! なかなか美味しい(別の種類もぜひ試してみたい!)。

鶏ミンチのケバブは白いピラウライスがほしい塩加減。ナスが激うま!!

鶏ミンチのケバブは白いピラウライスがほしい塩加減。ナスが激うま!!

その他メゼからケバブ、シチュウなど、イスタンブールのロカンタにありそうなメニューがダイジェスト版で並んでいますが、トルコ風の焼きナス、カラマリ、炭火焼きの鶏ミンチのキョフテ、白花豆サラダ添えなど、食べたものは全て現代風の工夫があり、フレッシュで美味♪   ぜひ通って他のメニューも試してみたいと思わせる魅力がありました。

ピデでサクっと軽くランチをしたり、プレ・シアターで利用したりと、トルコ・タパスの店としても重宝しそうな予感。ちなみに「Babaji」と書いて「ババジュ」と読むらしいのですが、どういう意味なのか正確なところは不明。今度お店の人に聞いておきます。

53 Shaftesbury Avenue, London W1D 6LB

店名Babaji Pide
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所53 Shaftesbury Avenue, London W1D 6LB
電話番号020 3327 3888
営業時間毎日 12:00 – 22:30
URLhttp://www.babaji.com.tr
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す