SW19のエース・パブをねらえ!

0

th_1_fox_and_grapes

Fox and Grapes フォックス&グレープス

白熱のウィンブルドン・テニス! 観ているほうだって知らぬ間に気疲れしちゃうものです。観戦(行列!?)の緊張をほぐすのにおすすめなのが、西側に広がる緑地の散策です☆

広大な緑地ウィンブルドン・コモンの南サイド、カニザロ・パークの端っこに静かに佇むフォックス&グレープスは、19世紀から宿屋(In)として、またウィンブルドンFCの前身だったフットボール・クラブの控え室として使われていた歴史ある木骨造りのパブ。のんびりとした田舎風の佇まいからはなかなか想像できないのですが、実はローカルたちの大きな支持を得ているガストロパブなのです!

入って右手がダイニング、左手がバー・スペースです

入って右手がダイニング、左手がバー・スペースです

2011年は、このパブにとって大きな転換点でした。メイフェアにあるミシュラン星付きレストラン「ハイビスカス」のチームを率いるフランス人セレブシェフ、クロード・ボッシさんがプロデュースを手がけ、話題沸騰。ポッシュなSW19エリア住民のお気に入りパブになりました。

ふつうのパブ飯ではない!

ふつうのパブ飯ではない!

その後マネージメントは変わったものの、ガストロパブ路線は健在。2013年にはワールド・ナンバーワンのNoma風のミニマル・スタイルを取り入れた料理に定評のあるヘッド・シェフを迎え、伝統のパブ料理に独自のスタイルを取り込み新スタイルを確立しています。

という歴史があり、ここのキッチン設備はミシュラン星付きレストラン並みを誇っているんですね。例えばグリルはジャスパー社製の炭火焼用オーブン・グリルを採用。クロード・ボッシさんの時代と変わらない英国内の選りすぐりの農場から取り寄せたサーロインやリブアイ、テンダーロイン・フィレなど、最高の素材があくまで柔らかくジューシーに調理されます。アイスクリームやシャーベットもPacojet社製の最新マシーンでシルキーな舌触りを実現しているのだそうです ^^

2015年7月12日までのウィンブルドン・テニス・トーナメント期間中は、3コース、シャンパン付き28ポンドの「Wimbledon Menu」を用意! 8名以上のグループさんは、ぜひ試してみてください☆

9 Camp Road, London SW19 4UN

店名Fox and Grapes
最寄り駅Wimbledon
住所9 Camp Road, London SW19 4UN
電話番号020 8619 1300
営業時間毎日 11:00 – 23:00(日は22:30まで)キッチン 月〜土12:00 - 15:00 / 18:00 - 21:30 日 12:00 - 20:30
URLhttp://www.foxandgrapeswimbledon.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す