月曜の夜はブルージーに

0

th_Aint Nothin But_banner

Ain’t Nothin‘ But  エイント・ナッシン・バット

カーナビー・ストリートの裏通りに20年以上前にオープンした小さなブルース・バー。

名のあるブルースマンたちが夜ごとに演奏して人気ですが、とくに腕に覚えのあるミュージシャンたちが入れ替わり立ち代わり即興でブルースを奏でる毎週月曜日のジャム・セッションは行列のできるプレミアム・ナイトに成長。時代は下れどもロンドンという多彩なる音楽都市でブルースという伝統ジャンルが脈々と若い世代に受け継がれていることに、純粋な歓びを感じます ^^

th_Aint Nothin But1

月曜日のジャム・セッションは、演奏したいミュージシャンたちが楽器と一緒に名前を登録しておくと順番がきたら呼ばれてステージに行く仕組み。ミュージシャンたちは知らない人とセッションするスリリングな楽しさを存分に味わい、聴衆はそのレベルの高さに度肝を抜かれる。

月曜日のジャム・セッションは、演奏を希望するミュージシャンたちが楽器と一緒に名前を登録しておくと順番がきたら呼ばれてステージに行く仕組み。ミュージシャンたちは知らない人とセッションする純粋にスリリングな楽しさを存分に味わい、聴衆はそのレベルの高さに度肝を抜かれる。

th_Aint Nothin But3

月曜のジャム・セッションがあまりに人気でバウンサーが入場者コントロールをしていたりしますが、この人気を受けて日曜16時から20時まで新たにジャム・セッションを導入! ミュージシャンにも聴衆にも朗報ですね。春の夜長、ちょっぴりブルージーに決めたくなったら「Ain’t Nothin’ But….」な気分で出かけてみませんか?

20 Kingly Street, London W1B 5PZ

店名Ain’t Nothin‘ But
最寄り駅Oxford Circus
住所20 Kingly Street, London W1B 5PZ
電話番号020 7287 0514
営業時間月〜木 17:00 – 1:00 金 17:00 – 2:00 土 15:00 – 2:00 日 15:00 – 23:30
URLhttp://www.aintnothinbut.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す