和タパスのご馳走♡

0

Cubé キューべ

昨日の武山恵美さんの記事にもありましたが、前回のロックダウンで持ち帰りやデリバリーに対応していなかったレストランやカフェは、たいていクローズしてしまって中心部へ行けば行くほど街は閑散としていました。自宅勤務が奨励されているので人も少なく、食べ物を売っても買い手もいないといった状況で、ますますお店も開かないという感じでしょうか。

11/20 日本のバーチャル横丁! 日本酒と参鶏湯で温まる

 

が、今回は少し様子が違います! ピザ屋さんやアジア系のお店だけでなく、その他のレストランも持ち帰りやデリバリー業界に参入してきました。最近よく見かけるのは自宅で仕上げるミール・キットの販売。レストランの「あの味」を実現している調味料やソースをパッケージし、自宅へお届け♪  ホット・ミールではないので半径◯キロまでなんていう制限もなく、全国に発送してくれるお店も多いようですよ ^^

さて、日本人として時に無性に恋しくなる本格的な和食はどうでしょう?

奥まったコートヤード沿いで静か〜

メイフェアの静かな一画に2017年夏に登場している日本食レストラン Cubé / キューベは、持ち帰りもデリバリーにも対応中! デリバリーはランチ・タイムだけですが、照り焼きやトンカツなどお弁当メニューがあるので、とっても惹かれます^^  本格和食屋さんのお弁当ほど、期待が高まるものはありません。もちろんチラシや握りも単品から注文可能。ワガママなオーダーにもフレキシブルに対応してくれそうです。

すっきりシンプルなインテリア♡

右はハウスサラダ。和風スーパーサラダみたいな感じですごく美味しかったです。

Cubéは日本人経営の小さなお店で、シンプルな空間でゆっくり落ち着いて食事できるのが魅力です。ロケーションはメイフェアのど真ん中なんですけど、ゾーン2の住宅街に近い場所にあるような錯覚に陥ってしまうほど親しさを感じるお店。スマート居酒屋、なんて言葉が似合いそうです^^ 在英邦人の間でもなかなか人気のあるレストランなんですよ。

タコ・キムチ! ピリ辛ソースがよろしいようで。下にキュウリが隠れてます^^

サーモン土佐造りポン酢ソース♡ 揚げ出しはもう一声!

メニューはモダンなものから伝統の日本食まで一通り揃っていて、お値段も場所のことを考えると比較的リーズナブル。おすすめは握りみたいなんですが、私たちは「Cubé special roll」をシェアしてみました。するとそれは、伝統の巻き寿司だったんです。感動。本当に美味しい。日本人と来ていたので取り合いになりましたw(というのはウソですけどw) カンピョウや卵が入った普通の巻き寿司を扱っているお店って意外と少ないので、「日本の祭の味」が恋しくなったら、ぜひぜひCubéに来てみてください♡

また食べたい♡巻き寿司

トンカツ! 白いご飯をつけてもらいましたw

カラリと揚がった天ぷらは定評あるメニューの一つ。右はフォンダン・ショコラ! 抹茶アイス添え♡

スッとしたカウンターです。地下に隠れ家バーがあるみたいなんですが・・・そこはまたロックダウン明けに・・・。

ウェブサイトにはJapanese Tapasって書いてあるんですけど、まさにそんな感じ。ちょっとずつ居酒屋さん風に楽しみたい我らが日本食なのです。そして今回のロックダウンでは、中心部でもいろんな味を楽しめる。そんなことを教えてくれる貴重なお店でもあります♡

4 Blenheim Street, London W1S 1LB

店名Cubé
最寄り駅Bond Street / Oxford Circus
住所4 Blenheim Street, London W1S 1LB
電話番号020 7165 9506
営業時間毎日 12:00 – 15:00 / 18:00 – 21:00(デリバリーはランチ時間のみ)
URLhttps://cubemayfair.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply