SOHOにスリランカ・ホッパー上陸!

2

th_Hopper_banner

Hoppers   ホッパーズ

ホッパーとは・・・スリランカや南インドで食べられているストリート・フードで、米粉をココナッツミルクで練り、丸みを帯びた専用鍋で丸く成形して焼くクレープのような料理(完全なグルテン・フリー料理ですね ^^)。最近、ロンドンではフード・マーケットのストールなどで見かけるようになった新参スナックですが、ホッパーを売りにした新しいスリランカ料理の店が、2週間ほど前にSOHOに登場しました。

ロゴのオジサンはインド伝統の人形劇から。それにしてもKoyaだった場所がこんな内装に変身するとは(笑)

ロゴのオジサンはインド伝統の人形劇から。それにしてもKoyaだった場所がこんな内装に変身するとは(笑)

今年春に閉店したうどん屋Koyaの後に入ったとっても小さな店なんですけど、なんと今、インド料理としては突出した人気を誇るメイフェアの高級レストランGymkhanaや、マリルボーンのこれまた人気のインディアンTrishnaといったミシュラン星付きレストランを成功させているファミリーがオープンした要注目の新規店なのです。どおりでオープンしてまもないのに、平日ランチでも満員御礼、どんどんお客さんが入れ替わる人気ぶりも納得です ^^(ウォークインのみ)。

右上はカリー・リーフで風味付けした塩味のバターミルク

右上はカリー・リーフで風味付けした塩味のバターミルク

ホッパーは軽〜い感じなので、ダイエットには超向いていると思います!自家製の薬味もカレーも全部美味しかったですよ

ホッパーは軽〜い感じなので、ダイエットには超向いていると思います!
自家製の薬味もカレーも全部美味しかったですよ。サラダの付け合わせはGotuloka Sambol

メニューはウワサのホッパー、それからドーサ、ロティなどに、各種カレーを組み合わせるのが主立ったメニューで、その他、セイロン風ロースト・チキン、バッファロー・ビリアニ+ダック・エッグ・カレー、ラム・コットゥ・ロティなど、スリランカやインド南部のタミル・ナードゥ州のスペシャリティなどを用意しています。お隣さんがチキンを食していたのですが、かなりのボリュームで焼き具合も素敵で美味しそうでした ^^

炭水化物+カレーの組み合わせには、ぜひ3種の薬味(1ポンド)を付け合わせにどうぞ。サイドに「Gotukola Sambol」(グリーンのサラダ)、「Drumstick Sambhar」(豆のカレー)を付けるともっとバランスがよくなるかも。

左上がエッグ・ホッパー、右はロティ(パラーター)

左上がエッグ・ホッパー、右はロティ(パラーター)

上の写真の左上は、ホッパーに半熟卵をのせたエッグ・ホッパー。ホッパーはスリランカでは朝ごはんとして家庭で食べられることが多いものだそうです。器状になっている外側はパリっとしていてココナッツの風味がほのかに香り、とてもヘルシーな料理だなと感じました。右はギーをたっぷり練り込んだパラーター。ホッパーが物足りなくて思わず注文してしまいました(笑)。

お盆に載っている上の料理で大体15ポンドくらい。インドのタリのような食べ方もOK、何人かでシェアするとバラエティに富んだスリランカの味を堪能できそう。ちなみにカレーは鯖のカレー。ソースの濃さはちょうどよく深みがあり、丁寧に作られている印象で美味しかったです。ふらっと一人で入っても、大勢でシェアしても、どちらでも。何を選んでも、お味のほうは間違いなさそう♪

ちなみにオーナーの若い男性が自らサーブしたり料理の説明をしたりしてくれるんですが、彼は元弁護士で東京で半年働いたことがあるとかで、いかに日本好きかを力説してくれました ^^   サービスは素晴らしくよいと思います。

49 Frith Street, London W1D 4SG


店名Hoppers
最寄り駅Tottenham Court Road / Leicester Square / Oxford Circus
住所49 Frith Street, London W1D 4SG

電話番号
営業時間月〜土 12:00 – 14:30 / 17:30 – 22:30
URLhttp://www.hopperslondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

2件のコメント

  1. 江國 まゆ

    MARIKOさん☆外側がパリっとしてて、小麦粉由来じゃなくて、本当にアジアのストリートフードという印象でした ^^ 軽すぎて私にはちょっと物足りない感じがしたけど、ダイエット向き!!!(笑)

  2. yasuda mariko

    あ~ホッパーがロンドンで食べられるんですね~☆スリランカに行った時おいしくてはまったんです~。ホッパーのミックス粉を買ってきておうちで作ってたけれど、あの形じゃないとやっぱりつまらない(笑)

コメントを残す