甘いナンとスパイシー・カレーの融合

0

th_Guglee_SwissCottage_banner

Guglee Swiss Cottage   ググリー スイス・コテージ店

2010年夏にフィンチリー・ロード沿いにオープンしたモダン・インディアン・レストラン。ちょっぴり安っぽく見えるロゴからは想像できない、現代ロンドンにおけるモダン・インド料理のコンセプトにしっかりマッチしたクオリティ料理を楽しめます♪

th_Guglee_SwissCottage0

パーニープーリー(右)はインディアン・ストリート・フードの傑作

パーニープーリー(右)はインディアン・ストリート・フードの傑作

前菜の一つにはインドの揚げパン、パーニー・プーリーをぜひ。インドでは庶民に愛されるストリート・スナックですが、当店のようにモダンなプレゼンテーションでサーブされるとぐっとスマートな佇まいに。ヒヨコ豆やマッシュポテトを詰めて甘酸っぱいタマリンド・チャツネと一緒にいただくパリパリのブーリーは、パクパク食べられてしまう危険なスナックです。

右上は詰め物をしたナスのグリルですが、今はメニューにないかも・・・汗

右上は詰め物をしたナスのグリルですが、今はメニューにないかも・・・汗

ラムのローガン・ジョシュ、エビのココナッツ・カレー、思いのほか深みのあったオクラのカレーなどなど、カレー類はもれなく美味しかったのはもちろん、注目はレモン・ライスやナンといった炭水化物。とくにスパイシーなカレーと一緒に食べると余分な辛さを中和してくれるアーモンド・ペーストを練りこんだ甘いナンは、カレーとの相性抜群! 他のインド料理店であまりみかけたことがないので、ぜひぜひ当店でお試しあれ☆

右下がインドの甘い団子Gulab Jaamun

右下がインドの甘い団子Gulab Jaamun

甘いものに目がない人は、北インドの定番デザート、Gulab Jaamunにトライ。 粉乳をベースに小麦粉と砂糖で作った甘〜い団子からは、ほのかにカルダモンの香りが。歯が溶けそうな底なしの甘さかと思いきや、それほどでもなくてしっかり平らげました ^^; フィンチリー・ロード界隈に行かれることがあれば、おススメのレストラン・オプションです☆

7 New Collage Parade, Finchley Road, London NW3 5EP

店名Guglee Swiss Cottage
最寄り駅Swiss Cottage / Finchley Road
住所7 New Collage Parade, Finchley Road, London NW3 5EP
電話番号 020 7722 8474
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 17:30 – 23:00(水は17:00から) 土 12:00 – 23:00 日 12:30 – 23:00
URLhttp://www.finchley-road.guglee.co.uk/Default.aspx
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す